日本相撲協会の北の湖理事長、直腸がんによる多臓器不全のため62歳で死去、1967年初場所で初土俵、1974年に21歳の最年少で55人目の横綱に、引退後の2002年に理事長就任




【2015/12/22最新】 【主報】 (2015/11/20-22:24)
 日本相撲協会の北の湖理事長、直腸がんによる多臓器不全のため62歳で死去、1967年初場所で初土俵、1974年に21歳の最年少で55人目の横綱に、2002年の引退後、理事長に就任



 大相撲の横綱として一時代を築いた日本相撲協会の北の湖理事長(本名小畑敏満=おばた・としみつ)が20日午後6時55分、直腸がんによる多臓器不全のため、福岡市内の病院で死去した。62歳だった。

 北海道壮瞥町出身。元大関増位山(初代)が師匠の三保ケ関部屋に入門し、13歳だった1967年初場所で初土俵を踏んだ。「怪童」と呼ばれ、抜群の身体能力を生かした左四つからの寄り、つり、上手投げを武器に当時の最年少昇進記録を次々と更新。71年夏場所に17歳11カ月で新十両、72年初場所は18歳7カ月で新入幕、73年初場所には19歳7カ月で新三役となった。

 関脇で臨んだ74年初場所で初優勝を遂げ、同年名古屋場所後、55人目の横綱に。21歳2カ月での昇進は、今も最年少記録として残る。その後の数年は、ライバル横綱の輪島と競い合い、「輪湖時代」と呼ばれた。貴ノ花、若三杉(のち横綱2代目若乃花)らとも熱戦を繰り広げた。

 現在の東京・両国国技館が落成した85年初場所限りで引退し、一代年寄「北の湖」を襲名した。通算成績は951勝350敗107休で、横綱在位63場所は歴代1位。幕内での連続勝ち越し50場所も、白鵬が更新するまで昭和以降1位の記録だった。優勝24回は白鵬、大鵬、千代の富士、朝青龍に続く歴代5位。

 指導普及部長、事業部長などを歴任して、2002年2月、理事長に就任。08年9月に弟子の大麻問題で引責辞任したが、12年初場所後、トップに復帰。相撲協会の公益財団法人移行に力を尽くし、相次いだ不祥事で低迷していた相撲人気の回復に努めた。

 北の湖理事長は13年に大腸ポリープを切除する手術を受け、今年7月の名古屋場所は腎臓に尿がたまる両側水腎症で途中休場するなどたびたび体調を崩していた。今場所は初日から出勤していたが、20日朝に救急車で福岡市内の病院に運ばれた。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201511/2015112000914&g=spo







0514_sumou_Kitanoumi_20151121_b_01.jpg


 2015/11/21報   クリックで画像切替 






 2015/12/22報 




»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL