国産初の小型ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」、名古屋空港での初飛行に成功、2008年の開発着手から7年、5回の延期を経て




【2015/12/25最新】 【主報】 (2015/11/11-11:58)
 国産初の小型ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」、名古屋空港での初飛行に成功、2008年の開発着手から7年、5回の延期を経て



 国産初の小型ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」を開発中の三菱重工業と子会社の三菱航空機(愛知県豊山町)は11日午前、同町の県営名古屋空港でMRJの初飛行を成功させた。2008年の開発着手から7年を経て、MRJは実用化への大きなステップを踏み出した。

 MRJは午前9時30分すぎに滑走路を離陸し、太平洋方面に南下した。遠州灘沖の自衛隊訓練空域で飛行試験を実施した後、午前11時すぎに同空港に戻り、無事着陸した。飛行時間は当初予定より30分長い約1時間半だった。

 MRJは、1960年代に開発されたプロペラ機の「YS11」以来、約50年ぶりの国産旅客機。17年4~6月に全日本空輸への初号機納入を目指しており、日本の航空機産業の発展にもつながると期待されている。

 初飛行は、当初計画では11年に実施する予定だった。しかし、主翼の素材変更や開発手順の見直しなどで計5回延期された。直近では10月26~30日に初飛行を予定していたが、操舵(そうだ)ペダルの不具合が見つかり、約2週間先延ばしされた。初号機納入までのスケジュールは一段とタイトになっており、飛行試験をいかに加速するかが課題となる。

 今後は日本と米国で計2500時間の飛行試験を繰り返し、安全性を確認した上で商業飛行の前提となる国の「型式証明」を取得する。三菱航空機は、現在407機のMRJ受注数を向こう20年で約2500機まで増やす目標を掲げている。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201511/2015111100160&g=eco







0506_MRJ_Mitsubishi_Regional_Jet_hatsu_hikou_20151111_g_04.jpg


 2014/07/16報   クリックで画像切替 




 2014/08/28報 




 2014/06/18報 




 2015/08/04報 




 2015/11/11報 














 2015/12/16報 




 2015/12/25報 


»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL