ミャンマー総選挙、アウン・サン・スー・チー氏が率いる最大野党が上下両院の過半数の議席を獲得して圧勝、半世紀以上にわたる軍政に幕、歴史的な政権交代が実現




【2016/01/05最新】 【主報】 (2015/11/13-18:09)
 ミャンマー総選挙、アウン・サン・スー・チー氏が率いる最大野党が上下両院の過半数の議席を獲得して圧勝、半世紀以上にわたる軍政に幕、歴史的な政権交代が実現



 【ヤンゴン時事】8日投票が行われたミャンマー総選挙で、連邦選挙管理委員会が13日発表した開票結果によると、アウン・サン・スー・チー党首率いる最大野党・国民民主連盟(NLD)が上下両院の過半数の議席を獲得して圧勝した。これにより、スー・チー氏主導の民主派政権が来年春に発足、半世紀以上にわたって「軍人支配」が続いてきたミャンマーで、歴史的な政権交代が実現することになった。

 選管は上下両院(定数合計664)の改選議席491議席中452議席の開票結果を発表。NLDは獲得議席を364議席まで伸ばし、過半数を制した。一方、軍事政権の流れをくむ政権与党・連邦団結発展党(USDP)は40議席にとどまっており、惨敗を喫した。

 2011年の民政移管後、初めての総選挙となった今回、「変革」を唱えるNLDに対し、USDPはテイン・セイン政権が進めてきた改革路線への支持を訴えたが、国民がスー・チー氏に寄せる高い人気の前に圧倒された。

 テイン・セイン大統領の任期は来年3月末まで残っており、今回の選挙結果を受けて招集される新国会で新大統領の選出投票が行われるのは同2月となる見込み。

 息子2人が外国籍のスー・チー氏は憲法の規定で大統領になれない。具体的な大統領候補の名前も明かしていないが、「大統領より上の存在」として実質的にNLD政権を自ら指揮する方針。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201511/2015111300539&g=int







0504_Myanmar_sousenkyo_20151110_s_02.jpg


 2015/10/20報   クリックで画像切替 




 2015/11/02報 




 2015/11/02報 




 2015/11/02報 




 2015/11/07報 








 2015/11/08報 










 2015/11/09報 














 2015/11/10報 










 2015/11/12報 





 2015/11/13報 




 2015/11/16報 




 2015/11/18報 





»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL