台湾の馬英九総統と中国の習近平総書記がシンガポールで会談、中台首脳会談は1949年の分断後初、「大陸と台湾は一つの中国に属し、一つの国家に属する」と強調、「92年合意」を改めて確認




【2015/11/08最新】 【主報】 (2015/11/07-23:36)
 台湾の馬英九総統と中国の習近平総書記がシンガポールで会談、中台首脳会談は1949年の分断後初、「大陸と台湾は一つの中国に属し、一つの国家に属する」と強調、「92年合意」を改めて確認



 【シンガポール時事】中国の習近平国家主席と台湾の馬英九総統は7日、シンガポールのホテルで、1949年の中台分断後初の首脳会談を行った。習主席は「われわれは緊密につながる一つの家族だ」と述べるとともに、「大陸と台湾は一つの中国に属し、両岸(中台)は一つの国家に属する」と強調した。

 会談で双方は、関係改善が平和発展につながるとアピールし、「一つの中国」を認め合う「92年合意」を中台交流の基礎として改めて確認した。来年1月の台湾総統選挙で優位に立つ独立志向の最大野党・民進党をけん制する狙いがある。

 両首脳は会談入りに際して握手を交わした。会談の冒頭、習主席は「2人が会うことは歴史の1ページを開いた」と意義を強調。一方、馬総統は「両岸関係は既に49年以来、最も平和で安定した段階にある」と表明し、中台担当閣僚級レベルのホットライン設置を提示、中国側もこれに同意した。

 午後3時(日本時間同4時)から約1時間にわたった会談は、軍事、経済分野にも及んだ。習主席は、台湾が中国の「一帯一路(シルクロード)」構想に積極的に参加し、中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)に「妥当な形式」で加盟することを歓迎すると表明した。馬総統は習主席に、中国が台湾に向けて配備しているミサイルに懸念を示したが、習主席は「台湾に向けたものではない」と述べた。

 中台分断は、共産党が49年に中華人民共和国を建国し、中華民国の国民党が台湾に逃れたことに始まる。今回の首脳会談は、「中国の代表」として正統性を主張してきた双方のトップが直接顔を合わせる歴史的な機会で、今後の中台関係や東アジア情勢に影響を与えそうだ。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201511/2015110700204&g=int







0503_Taiwan_China_syunoukaidan_20151107_c_02.jpg


 2015/11/04報   クリックで画像切替 




 2015/11/05報 




 2015/11/07報 


»  書き込む :1


意見・感想・議論

post
  1. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/11/08(日) 06:43:20
    沖縄知事選に負ける前に辺野古埋め立てを承認した仲井真
    台湾総統選に負ける前に台湾は中国の一部と宣言した馬英九
Comment form

トラックバック

Trackback URL