茨城県八千代町の大久保司町長を書類送検、歌謡ショーで演歌歌手の女性の胸元に手を入れるなど、強制わいせつと県迷惑防止条例違反の疑い、町長は容疑を否定




【2015/11/01最新】 【主報】 (2015/10/31-18:34)
 茨城県八千代町の大久保司町長を書類送検、歌謡ショーで演歌歌手の女性の胸元に手を入れるなど、強制わいせつと県迷惑防止条例違反の疑い、町長は容疑を否定



 茨城県八千代町の大久保司(まもる)町長(78)が、町内で開かれた歌謡ショーで女性の胸を触ったなどとして、県警が強制わいせつと県迷惑防止条例違反の容疑で書類送検していたことが31日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者などによると、大久保町長は昨年8月24日午後2時半ごろ、同町の温泉施設で歌謡ショーに訪れていた50代の女性客の胸を着衣の上からつかんだほか、今年4月に同じ施設で行われた歌謡ショーで、出演した演歌歌手の女性の胸元に手を入れた疑いが持たれている。50代女性側は大久保町長を県警に告訴している。

 大久保町長は問題発覚後の6月の会見で「全くの事実無根」などと事実関係を否定。代理人の弁護士は、「名誉毀損(きそん)も含め刑事、民事両面での法的手段も検討したい」などとしていた。

産経ニュース(引用元)
http://www.sankei.com/politics/news/151031/plt1510310021-n1.html







0496_Ibaraki_Yachiyomachi_syuchou_taiho_20151101_a_03.jpg


 2015/11/01報   クリックで画像切替 


»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL