米イージス駆逐艦「ラッセン」、中国が実効支配する南シナ海の人工島周辺を航行、中国の主張を認めない立場を国際社会に示す




【2016/11/01最新】 【主報】 (2015/10/27-12:47)
 米イージス駆逐艦「ラッセン」、中国が実効支配する南シナ海の人工島周辺を航行、中国の主張を認めない立場を国際社会に示す



 【ワシントン時事】米国防当局者は26日、南シナ海・南沙(英語名・スプラトリー)諸島に中国が造成した人工島から12カイリ(約22キロ)以内を、米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)を母港とするイージス駆逐艦「ラッセン」が航行したと明らかにした。作戦は現地時間の27日午前(日本時間同)に行われた。

 中国が実効支配する南シナ海の岩礁から12カイリ以内への米艦進入は2012年以来。哨戒機P8Aがラッセンに同行している可能性もある。米CNNテレビは、作戦は同日、終了したと報じた。米軍は今回に限らず、艦船・航空機の人工島周辺への派遣を繰り返す意向とみられ、「南シナ海は固有の領土」(習近平国家主席)と唱える中国の反発は必至だ。

 ラッセンが進入したのは、滑走路建設が進んでいるスービ(渚碧)礁。中国はスービ礁を含め、南沙諸島に築いた人工島から12カイリ以内を「領海」だと主張しているとされる。

 ただ、スービ礁は中国による埋め立て工事前は満潮時に水没する暗礁で、国際法上、領海は認められない。米政府はスービ礁の周辺について、国際水・空域だと強調しており、軍艦派遣を通じ、中国の主張を認めないとの立場を内外に示した形だ。ラッセンはP8Aに加え、哨戒機P3を伴っている可能性もある。【Updating】

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201510/2015102700161&g=int















0488_USA_South_China_Sea_Nansa_koukou_20151028_g_05.jpg

































 日付 昇順・降順  日付クリックで画像表示 



 2015/10/27報 












 2015/10/28報 












 2015/10/29報 






 2015/11/03報 










 2015/11/04報 












 2015/11/05報 










 2015/11/06報 










 2015/11/07報 






 2015/11/13報 








 2015/11/18報 






 2015/11/19報 








 2016/11/20報 












 2015/11/21報 












 2015/11/22報 








 2015/11/23報 








 2015/11/29報 






 2015/12/04報 






 2015/12/20報 






 2016/01/03報 








 2016/01/10報 






 2016/01/30報 






 2016/02/17報 








 2016/02/18報 








 2016/10/13報 














 2016/11/01報 



















»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL