愛知県蒲郡市の安楽寺が全焼、徳川家康にゆかり、古文書など多くの文化財を所蔵




【2015/10/25最新】 【主報】 (2015/10/25-23:17)
 愛知県蒲郡市の安楽寺が全焼、徳川家康にゆかり、古文書など多くの文化財を所蔵



 25日午前10時20分ごろ、愛知県蒲郡市清田町の安楽寺で、本堂が燃えていると墓参りに来た人から知らされた住職の家族が119番通報した。蒲郡署や蒲郡市消防本部によると、同日深夜の段階でも鎮火せず、本堂は全焼状態だという。けが人はいなかった。

 住職の家族が同日午前9時半ごろ、本堂北側の畑に穴を掘り、木の枝を燃やしていたといい、同署で出火原因を調べている。

 市観光協会のホームページなどによると、この寺は、徳川家康の母・於大(おだい)が2年ほど暮らすなど徳川家にゆかりがあり、古文書など多くの文化財を所蔵している。燃えた本堂は1630年に改築されたという。

朝日新聞デジタル(引用元)
http://www.asahi.com/articles/ASHBT658ZHBTOIPE01D.html







0482_Aichi_Gamagoori_Anrakuji_zenshou_20151026_a_06.jpg

【主報】 (2015/10/25-23:17)
 愛知県蒲郡市の安楽寺が全焼、徳川家康にゆかり、古文書など多くの文化財を所蔵



 25日午前10時20分ごろ、愛知県蒲郡市清田町の安楽寺で、本堂が燃えていると墓参りに来た人から知らされた住職の家族が119番通報した。蒲郡署や蒲郡市消防本部によると、同日深夜の段階でも鎮火せず、本堂は全焼状態だという。けが人はいなかった。

 住職の家族が同日午前9時半ごろ、本堂北側の畑に穴を掘り、木の枝を燃やしていたといい、同署で出火原因を調べている。

 市観光協会のホームページなどによると、この寺は、徳川家康の母・於大(おだい)が2年ほど暮らすなど徳川家にゆかりがあり、古文書など多くの文化財を所蔵している。燃えた本堂は1630年に改築されたという。

朝日新聞デジタル(引用元)
http://www.asahi.com/articles/ASHBT658ZHBTOIPE01D.html

 2015/10/26報   クリックで画像切替 


»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL