福島第1原発の元作業員が発症した白血病について、厚生労働省が初の労災認定、被ばくと白血病の因果関係が否定できないとして







0480_genpatsu_sagyouin_hakketsubyou_rousai_nintei_20151020_a_04.jpg

【2015/10/20最新】 【主報】 (2015/10/20-18:31)
 東京電力福島第1原発の元作業員が発症した白血病について、厚生労働省が初の労災認定、被ばくと白血病の因果関係が否定できないとして



 東京電力福島第1原発の事故対応に従事した後、白血病を発症した元作業員の40代男性について、富岡労働基準監督署(福島県いわき市)は20日、「被ばくと疾病の因果関係が否定できない」として労災と認定した。福島第1の事故後の作業で、白血病を含むがんが労災認定されたのは初めて。

 厚生労働省によると、男性は2012年10月~13年12月、福島第1原発で原子炉建屋の覆いを設置する工事などに従事。同原発での被ばく線量は15.7ミリシーベルトだった。

 男性は他にも複数の原発で働き、累積被ばく線量は約1年半で19.8ミリシーベルトに上るという。体調不良から医療機関を訪れたところ、白血病と診断されたため労災申請していた。

 国は1971年、放射線被ばくによる白血病の労災認定について基準を策定。被ばく線量が年5ミリシーベルトを超え、作業開始から1年以上が経過して発症した場合、ウイルス感染など他の原因がなければ認定するとした。

 厚労省は今月13日、専門家を集めた検討会を開き、被ばくと白血病の因果関係が否定できないとの見解で一致。「労災認定するのが相当」との報告書をまとめたという。男性は通院治療を続けており、医療費の全額と休業補償が支給される。

 福島第1原発の事故前には、各地の原発で勤務した作業員13人が白血病を含む「がん」で労災認定されている。福島第1の事故対応では8件の申請があり、うち3件の不支給が決定。取り下げられた1件を除く4件が調査中だった。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201510/2015102000451&g=

 2015/10/20報 








»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL