東京電力の広瀬直己社長や勝俣恒久元会長ら新旧経営陣32人、公害犯罪処罰法違反で書類送検、福島第1原発の放射能汚染水を海に流出させたとして







0470_Tokyo_denryoku_keikanbu_syoruisouken_20151003_a_02.jpg

【2015/10/03最新】 【主報】 (2015/10/02-18:35)
 東京電力の広瀬直己社長や勝俣恒久元会長ら新旧経営陣32人、公害犯罪処罰法違反で書類送検、福島第1原発の放射能汚染水を海に流出させたとして



 東京電力福島第1原発の放射能汚染水が海に流出した問題で、福島県警生活環境課は2日、公害犯罪処罰法違反容疑で、東電の広瀬直己社長や勝俣恒久元会長、武藤栄元副社長ら新旧経営陣32人と、法人としての東電を書類送検した。県警は、送検に付した意見の内容や認否について明らかにしていない。

 送検容疑は、汚染水貯蔵タンクの監視や漏えい防止措置を怠った結果、2013年7月までに約300トンの汚染水を漏えいさせたほか、11年6月に政府から地下水の建屋流入抑止策の検討を求められていたにもかかわらず、経営上の理由から先送りにし、1日当たり300~400トンの汚染水を海へ流出させた疑い。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201510/2015100200735&g=soc

 2015/10/03報 












»  書き込む :3


意見・感想・議論

post
  1. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/10/08(木) 19:48:30
    今後の展開次第だが、大した罪にはならないんだろうなぁ
  2. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/10/09(金) 17:58:35
    一生檻にぶち込んでおくべき国賊
  3. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/11/05(木) 10:12:41
    こいつら許せん
Comment form

トラックバック

Trackback URL