バングラデシュ北西部、日本人男性が武装集団に銃撃され死亡、数日前にはイタリア人が射殺される事件が発生、「イスラム国」が犯行声明、バングラデシュ首相は証拠はないと否定







0464_Bangladesh_IS_houjin_satsugai_20151003_a_02.jpg

【2015/11/14最新】 【主報】 (2015/10/03-21:20)
 バングラデシュ北西部、日本人男性が武装集団に銃撃され死亡、数日前にはイタリア人が射殺される事件が発生、「イスラム国」が犯行声明、バングラデシュ首相は証拠はないと否定



 【ニューデリー時事】バングラデシュ北西部ランプル地区で3日、日本人男性が武装集団に銃撃されて死亡した。バングラデシュで外国人が襲撃されたのは、この1週間で2回目。地元メディアによると、警察は事件に関与したとみられる2人の身柄を拘束し、取り調べを進めている。

 報道によると、午前10時(日本時間午後1時)すぎ、バイクに乗った数人組が男性に近づき、至近距離から数発発砲した。男性は胸などを撃たれて死亡した。

 男性は60代のホシ・クニオさんで、ランプル地区で家と土地を借り、農業に従事していたとされる。在バングラデシュ日本大使館は「身元は確認中だが、現時点では旅行者ではなく、在留邦人の可能性がある」と語った。

 バングラデシュでは9月28日、イタリア人男性が何者かに射殺される事件が起き、過激派組織「イスラム国」が犯行声明を出した。今回の事件との関わりは分かっていない。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201510/2015100300238&g=soc

 2015/10/03報 








 2015/10/04報 
































































 2015/10/05報 






















































 2015/10/06報 














 2015/11/14報 












»  書き込む :1


意見・感想・議論

post
  1. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/10/08(木) 19:47:26
    安倍が殺したようなもんだな
Comment form

トラックバック

Trackback URL