米軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」が横須賀港に入港、東日本大震災時の米軍による被災地支援「トモダチ作戦」にも参加、同型空母「ジョージ・ワシントン」の後継として







0460_Ronald_Reagan_CVN-76_Yokosuka_nyuukou_20151001_a_04.jpg

【2015/12/16最新】 【主報】 (2015/10/01-12:40)
 米軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」が横須賀港に入港、東日本大震災時の米軍による被災地支援「トモダチ作戦」にも参加、同型空母「ジョージ・ワシントン」の後継として



 米海軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」が米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)に新たに配備されることになり、1日午前、横須賀港に入港した。

 米海軍によると、現役空母中2番目に新しい同艦は、米国のアジア重視戦略の一環として、戦闘攻撃機FA18スーパーホーネットなどの最新装備を搭載。全長333メートル、排水量約9万7000トンで、30ノット以上の速度で航行が可能。東日本大震災時の米軍による被災地支援「トモダチ作戦」にも参加し、物資輸送や情報収集・提供などを行った。

 これまで同基地に配備されていた同型のニミッツ級空母「ジョージ・ワシントン」の後継で、乗員約5000人のうち、半数以上がジョージ・ワシントンから移った。

 ジョージ・ワシントンは2008年、日本に配備される初の原子力空母として来港。横須賀基地を約7年間母港とし、今年5月、原子炉燃料棒の交換など大規模整備のため、米本土に戻った。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201510/2015100100055&g=pol

 2015/10/01報 






























 2015/12/16報 






















»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL