海運業界5位の「第一中央汽船」が倒産、東京地裁に民事再生法の適用を申請、負債総額は子会社含め1764億円、2015年最大の倒産に







0454_Daiichi_cyuuou_kisen_tousan_20150929_a_04.jpg

【2015/09/29最新】 【主報】 (2015/09/29-18:39)
 海運業界5位の「第一中央汽船」が倒産、東京地裁に民事再生法の適用を申請、負債総額は子会社含め1764億円、2015年最大の倒産に



 中堅海運会社の第一中央汽船は29日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、受理されたと発表した。負債総額は約1196億円、子会社も含めると約1764億円。民間信用調査機関の東京商工リサーチによると今年最大の倒産という。

 同日都内で記者会見した薬師寺正和社長は「船舶投資を拡大したことが裏目に出た。結果として経営判断のミスと認めざるを得ない」と釈明。経営責任に関しては「再建に道筋がついたタイミングで、できるだけ早く退きたい」と語った。

 石炭や鉄鉱石の運搬を主力とする同社は、海運大手の商船三井のグループ会社で業界5位。2006年に策定した中期経営計画に基づき拡大路線を進め、08年秋の「リーマン・ショック」を機に海運市況が暴落してからも積極投資で保有船舶を拡大、財務体質の悪化を招いた。

 長期借り入れの用船も含め約120隻で事業を展開してきたが、好況時に契約した用船料の支払い負担が運賃収入を上回る「逆ざや」が続き、経営を圧迫。15年3月期まで4期連続で純損益が赤字となり、最近の中国経済減速などによる海運市況低迷で収益がさらに悪化した。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201509/2015092900423&g=eco

 2015/09/29報 












»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL