埼玉県警朝霞警察署の屋上で男性巡査が頭から血を流し死亡、遺体のそばには拳銃、携帯電話には遺書らしきメモ、同署は自殺を図った可能性が高いとみて捜査


0045_Saitama_asaka_keisatsusyo_keisatsukan_kenjyuu_jisatsu_201501_01.jpg

0045_Saitama_asaka_keisatsusyo_keisatsukan_kenjyuu_jisatsu_201501_02.jpg

0045_Saitama_asaka_keisatsusyo_keisatsukan_kenjyuu_jisatsu_201501_03.jpg

0045_Saitama_asaka_keisatsusyo_keisatsukan_kenjyuu_jisatsu_201501_04.jpg

【主報】 (2015/01/14-19:22)
 埼玉県警朝霞警察署の屋上で男性巡査が頭から血を流し死亡、遺体のそばには拳銃、携帯電話には遺書らしきメモ、同署は自殺を図った可能性が高いとみて捜査



 14日午前10時25分ごろ、埼玉県朝霞市の県警朝霞署の屋上で、男性巡査(24)が頭から血を流し倒れているのを同僚が発見した。巡査はその後、死亡が確認された。そばに拳銃があり、遺書めいたメモが携帯電話に残されていたことなどから、同署は自殺を図った可能性が高いとみている。

 同署によると、巡査は昨年4月に採用され、9月から同署に勤務。14日は交番に向かうため、署内で制服に着替えるなどしたが、姿が見えなくなり、同僚が捜したところ、屋上で見つかった。拳銃には弾が一発発射された跡があったという。

時事ニュース
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015011400882&g=soc

»  書き込む :1


意見・感想・議論

post
  1. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/01/20(火) 19:39:40
    中世ポリス
Comment form

トラックバック

Trackback URL