「日本歯科医師連盟」の前会長ら3人を逮捕、法定の上限を超える寄付をした政治資金規正法違反の疑い、自民党の石井みどり議員に4500万円、民主党の西村正美議員に5000万円







0449_Nisshiren_seiji_shikin_kiseihou_ihan_20150930_e_01.jpg

【2016/12/07最新】 【主報】 (2015/09/30-13:29)
 「日本歯科医師連盟」の前会長ら3人を逮捕、法定の上限を超える寄付をした政治資金規正法違反の疑い、容疑者らは容疑を否認、自民党議員に4500万円、民主党の議員に5000万円



 政治団体「日本歯科医師連盟」(日歯連)をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は30日、法定の上限を超える寄付をしたとして、同法違反容疑で、日歯連の前会長高木幹正容疑者(70)ら3人を逮捕した。高木容疑者は任意の聴取に対し、容疑を否認していた。

 他に逮捕されたのは、日歯連前副理事長の村田憙信(70)、同元会長の堤直文(73)両容疑者。

 逮捕容疑では、日歯連は2013年1月23日、民主党の西村正美参院議員の関連政治団体「西村まさみ中央後援会」に5000万円を寄付。同後援会は同日、自民党の石井みどり参院議員の関連政治団体「石井みどり中央後援会」に同額を寄付し、約2カ月後の同年3月15日、日歯連が同後援会に4500万円を寄付したなどの疑い。

 二つの後援会は、いずれも高木容疑者が代表を務めていた。政治資金規正法は、政治団体間の寄付を年間5000万円に制限しており、特捜部は直接の寄付を避けるため「迂回(うかい)献金」したとみている。

 また、日歯連は10年にも西村まさみ中央後援会に5000万円寄付したのに記載せず、西村氏が代表を務める「民主党参議院比例区第80総支部」に寄付したと虚偽の記載をした疑いが持たれている。

 村田容疑者は日歯連の会計を約10年にわたり担当し、石井氏の後援会の会計責任者を務めていた。また、西村氏の後援会で会計を補佐する立場だった。堤容疑者は高木容疑者の前任で、10年当時は二つの後援会の代表を務めていた。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201509/2015093000408&g=soc

 2015/05/01報 




























 2015/06/06報 














 2015/09/30報 


























 2015/10/01報 


















 2015/10/02報 




















 2015/10/03報 


































































 2015/10/20報 

















 2016/12/07報 















»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL