台風21号、沖縄・先島諸島を直撃、与那国島で最大瞬間風速81.1メートルを観測、1957年の観測開始以来最大、日本の観測史上4位







0447_Taihu_21gou_20150928_e_06.jpg

【2015/09/29最新】 【主報】 (2015/09/28-23:55)
 台風21号、沖縄・先島諸島を直撃、与那国島で最大瞬間風速81.1メートルを観測、1957年の観測開始以来最大、日本の観測史上4位



 非常に強い台風21号は28日午後、沖縄・先島諸島を暴風域に巻き込んで南海上を北西へ進み、同日夜に台湾に上陸した。与那国島では午後3時41分に最大瞬間風速81.1メートルを観測し、1957年の観測開始以来、最大を記録。全国の観測史上4位となった。

 21号の勢力は一時、猛烈となったが、台湾上陸後は弱まった。気象庁は、先島諸島では29日未明にかけて高波に警戒するよう呼び掛けた。

 沖縄県によると、与那国町では28日午後8時現在、けが人や車の横転などは確認されていない。携帯電話などがつながりにくくなったほか、沖縄電力によると同8時現在、ほぼ全世帯に当たる約1000戸が停電している。

 21号は28日午後9時、台湾を時速30キロで西北西へ進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートル。半径150キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、中心の南側440キロ以内と北側390キロ以内が15メートル以上の強風域。

 気象庁によると、最大瞬間風速の全国観測史上1位は、かつて富士山頂に開設されていた測候所で、1966年9月25日に台風26号が通過した際に観測した91.0メートル。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201509/2015092800545&g=soc

 2015/09/27報 










 2015/09/28報 










































 2015/09/29報 






















































































»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL