食肉加工2位の伊藤ハムと7位の米久、来年4月に経営統合へ、共同持ち株会社を設立し、事業会社として2社を傘下に、最大手の日本ハムに迫る規模に



0434_Ito_ham_yonekyu_keiei_tougou_20150915_a_03.jpg

【2015/09/15最新】 【主報】 (2015/09/15-13:16)
 食肉加工2位の伊藤ハムと7位の米久、来年4月に経営統合へ、共同持ち株会社を設立し、事業会社として2社を傘下に、最大手の日本ハムに迫る規模に



 食肉加工2位の伊藤ハムと7位の米久が来年4月に経営統合する方針を固めたことが15日、分かった。両社は同日朝、「経営統合について取締役会に付議する」と発表。午後にも統合を公表する。少子高齢化で国内市場が縮小する中、商品開発力と調達力を強化し、アジア市場を中心に需要を開拓。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)が妥結すれば輸入原材料の価格が下がるなどの恩恵も期待でき、事業規模を拡大して攻勢を強める。

 経営統合で、売上高は連結の単純合算で約6300億円となる。最大手の日本ハム(約1兆2千億円)に次ぐ2位の座を固め、3位のプリマハム(約3400億円)以下を引き離す。

 共同持ち株会社を設立し、事業会社として2社を傘下に置く方向で調整している。持ち株会社の社長には伊藤ハムの堀尾守社長が就く見通しだ。出資比率や名称などについては今後詰める。

 伊藤ハムと米久はいずれも筆頭株主が三菱商事。経営統合によって国内基盤を固めた上で需要が伸びているアジアの新興国など海外展開に注力する。

産経ニュース(引用元)
http://www.sankei.com/west/news/150915/wst1509150042-n1.html

 2015/09/15報 








»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL