第152回芥川賞に小野正嗣さんの「九年前の祈り」、直木賞に西加奈子さんの「サラバ!」が決定


0043_152th_akutagawasyou_naokisyou_bungaku_201501_01.jpg

0043_152th_akutagawasyou_naokisyou_bungaku_201501_02.jpg

0043_152th_akutagawasyou_naokisyou_bungaku_201501_03.jpg

0043_152th_akutagawasyou_naokisyou_bungaku_201501_04.jpg

0043_152th_akutagawasyou_naokisyou_bungaku_201501_05.jpg

0043_152th_akutagawasyou_naokisyou_bungaku_201501_06.jpg

0043_152th_akutagawasyou_naokisyou_bungaku_201501_07.jpg

【主報】 (2015/01/15-20:30)
 第152回芥川賞に小野正嗣さんの「九年前の祈り」、直木賞に西加奈子さんの「サラバ!」が決定



 第152回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が15日夕、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞小野正嗣さん(44)の「九年前の祈り」(「群像」9月号)に、直木賞西加奈子さん(37)の「サラバ!」(小学館)に決まった。

 小野さんは4回目の候補での受賞。作品の舞台は大分県の海辺。離婚し、発達に問題を抱えた息子と実家に戻った主人公は、9年前のカナダ旅行で見た同郷女性の一心に祈る姿を思い起こす。悲しみを癒やすささやかなつながりを描いた。

 選考委員の小川洋子さんは「内海を抱くように伸びた半島の土地が、少年と主人公の女性を丸ごと受け止めている。小野さんがこだわってきた、土地の持つ力を小説として結実させた」と評した。

 西さんは2度目の候補での受賞。父親の赴任先のイランで生まれた主人公の「僕」が、大阪やエジプト、東京を舞台に小説家へと成長する過程を描く長編。個性的な人々との出会いが半自伝的に語られる。

 選考委員の林真理子さんは「人を救うものは宗教でも金でも成功でもなく、それをつかみ取るまでの出会いの中にあることを、前向きにスケール大きく描いている。後半は破綻もあるがそれをしのぐ力強いメッセージに感動した」と語った。

 受賞者には正賞の時計と副賞100万円が贈られる。

時事ニュース
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015011500881&g=soc

»  書き込む :3


意見・感想・議論

post
  1. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/01/16(金) 16:00:58
    受賞作を読んだことがないんだが面白いのか?
  2. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/01/18(日) 23:59:22
    ニュースにはなるけど話題にはならないという印象
  3. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/01/20(火) 19:40:11
    文学の面白さがわからない
Comment form

トラックバック

Trackback URL