台風18号、9日午前に東海に上陸、日本海側へ本州を縦断、東日本の太平洋側に停滞する前線に湿った空気を供給、東海地方を中心に大雨



0422_Taihu_17gou_18gou_20150909_d_02.jpg

【2015/09/18最新】 【主報】 (2015/09/09-01:27)
 台風18号、9日午前に東海に上陸、日本海側へ本州を縦断、東日本の太平洋側に停滞する前線に湿った空気を供給、東海地方を中心に大雨



 東日本の太平洋側に停滞する前線に向かい、北上する台風18号の湿った空気が流入したため、8日は東海地方を中心に大雨となった。18号は9日午前に東海に上陸し、日本海側へ縦断する見通しで、気象庁は東日本と近畿では大雨や暴風、高波に厳重に警戒するよう呼び掛けた。

 浜松市では48時間雨量が300ミリに達し、安間川が氾濫危険水位を超えた。同市は一時、東区と南区の一部計約2万7500世帯の計約7万3600人に避難指示を出した。鳥取市には土砂災害警戒情報が出た。

 空の便にも影響が出ており、全日空と日本航空は9日午前の中部空港発着便を中心に計25便の欠航を決めた。

 18号は9日夜までに日本海側へ抜け、温帯低気圧に変わると予想されるが、大雨は関東や東海を中心に10日も続く恐れがある。土砂災害や河川の増水、低地の浸水に警戒が必要。前線が北上し、東北地方も雨量が増える。

 18号は9日午前0時、八丈島の南西約190キロの海上を時速35キロで北へ進んだ。中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。中心の北東側330キロ以内と南西側170キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201509/2015090900027&g=soc

 2015/09/09報 



































































































































































































































































































































































































 2015/09/10報 


































 2015/09/11報 
































 2015/09/14報 


























 2015/09/15報 












 2015/09/18報 
























»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL