埼玉県教育委員会、「LINE」など無料通信アプリを利用して教員が生徒と私的な連絡をすることを禁止、男性教諭による教え子へのわいせつ行為が相次いだことを受け


0042_Saitama_LINE_kyoushi_kinshi_201501_01.jpg

0042_Saitama_LINE_kyoushi_kinshi_201501_02.jpg

0042_Saitama_LINE_kyoushi_kinshi_201501_03.jpg

0042_Saitama_LINE_kyoushi_kinshi_201501_04.jpg

【主報】 (2015/01/14-05:37)
 埼玉県教育委員会、「LINE」など無料通信アプリを利用して教員が生徒と私的な連絡をすることを禁止、男性教諭による教え子へのわいせつ行為が相次いだことを受け



 埼玉県内で昨年、県立高校の男性教諭による教え子へのわいせつ行為が相次いだことを受け、県教育委員会が昨年12月、各県立高に「LINE(ライン)」などスマートフォン向け無料通信アプリによる生徒らとの私的連絡の禁止を通知していたことが13日、分かった。年明けに教職員に配布した冊子では「28歳で停職6カ月なら生涯賃金が550万円減る」などと懲戒処分の実例まで示し、犯罪の抑止効果を狙っている。

 同県内では昨年、採用直後の男性教諭が部活動の女子生徒にLINEで連絡を取り、キスするなど計5件のわいせつ行為が発覚し、うち4件は教え子が対象だった。県教委は12月22日の通知で生徒との私的連絡を「絶対に行わないこと」とした上で、禁止項目に無料通信アプリも含めた。部活などで連絡を取る必要がある場合は、校長ら管理職の事前許可制とした。

 さらに「信頼関係の確立をめざして」と題した小冊子を年明けに作成。「もしも、わいせつ行為を起こしたら…」とした項目では「報道があれば氏名・住所が公表される」「免職処分で退職手当は不支給」「示談金は数百万円かかることがある」などと“不利益”を列挙し、生涯賃金が減少することも強調している。

 県教育局の担当者は「分析では、気軽に連絡を取れる無料通信アプリがわいせつ行為のきっかけとなっている。また、自分を見失わないよう懲戒処分による生活や経済面での現実を書き込んだ」と話している。

産経ニュース
http://www.sankei.com/life/news/150114/lif1501140003-n1.html

»  書き込む :2


意見・感想・議論

post
  1. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/01/15(木) 18:03:10
    足がつく方法でやる奴は素人
  2. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/01/16(金) 00:37:57
    人生かけてやるようなものではないことは確かだな
Comment form

トラックバック

Trackback URL