明治大法科大学院の教授、作成に関わった司法試験の問題を教え子に漏洩、法務省は国家公務員法違反(守秘義務違反)で同教授を告発、教え子の受験生は採点の対象から除外、受験資格を5年間停止







0417_Meiji_University_law_school_shihou_shiken_rouei_20150908_b_07.jpg

【2015/12/24最新】 【主報】 (2015/09/08-12:18)
 明治大法科大学院の教授、作成に関わった司法試験の問題を教え子に漏洩、法務省は国家公務員法違反(守秘義務違反)で同教授を告発、教え子の受験生は採点の対象から除外、受験資格を5年間停止



 今年の司法試験の内容が漏えいした問題で、法務省は8日、試験問題作成などを担当する「考査委員」を務めていた明治大法科大学院の青柳幸一教授(67)が、試験前に教え子の受験生に問題の内容を漏らしていたと発表した。

 考査委員は非常勤の国家公務員として守秘義務が課せられており、法務省の司法試験委員会は同日、国家公務員法違反(守秘義務違反)容疑で青柳教授を東京地検に告発した。

 法務省の調査に対し、青柳教授と受験生は漏えいの事実を認めており、同省は同教授を考査委員から解任。告発を受けた地検特捜部は、漏えいの経緯などについて本格的に捜査を始めた。教授は明大を通じ、「大学と社会を騒がせて申し訳ない」とコメントした。

 法務省などによると、青柳教授は作成に関わった憲法の論文試験1問の出題内容や論述すべき事項を、今年5月の試験前に教え子の20代女性に漏らした。試験を採点していた別の考査委員が、他の受験生と違って答案の内容が高度なため不審に思い、漏えいを指摘したという。

 漏えい先はこの女性1人で、法務省は女性を採点の対象から除外するとともに、今後5年間、司法試験などを受験することを禁止する行政処分を行った。

 上川陽子法相は同日、記者会見で「誠に遺憾。深刻に受け止め、徹底した原因究明と厳正な対応を検討するよう指示した」と話した。法務省はワーキングチームを設置し、再発防止策などを検討する。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201509/2015090800212&g=soc

 2015/09/08報 














































 2015/09/09報 














 2015/09/10報 
















 2015/09/16報 






























 2015/10/07報 












 2015/12/10報 












































































 2015/12/24報 














»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL