中国政府、「抗日戦争・反ファシズム戦争勝利70年」を記念し、北京の天安門広場一帯で軍事パレードを実施、ロシアのプーチン大統領、韓国の朴槿恵大統領、国連の潘基文事務総長ら、31カ国の首脳級の要人が出席、新型戦略ミサイルなどが初公開される


【主報】 (2015/09/03-13:07)
 中国政府、「抗日戦争・反ファシズム戦争勝利70年」を記念し、北京の天安門広場一帯で軍事パレードを実施、ロシアのプーチン大統領、韓国の朴槿恵大統領、国連の潘基文事務総長ら、31カ国の首脳級の要人が出席、新型戦略ミサイルなどが初公開される



 【北京時事】中国共産党・政府は3日午前、北京・天安門広場一帯で、「抗日戦争・反ファシズム戦争勝利70年」を記念する軍事パレードを行った。習近平国家主席(党総書記・中央軍事委員会主席)はこれに先立つ演説で、現兵力230万人から30万人を削減すると宣言した。日米などによる軍事拡張批判をかわす狙い。領土主権や海洋権益を重視する習主席の戦略に基づき、陸軍の兵力を減らし、海空軍の兵力増強と情報・ハイテク化を進める軍改革の一環だ。

 軍事パレードでは、第2砲兵(戦略ミサイル部隊)による新型戦略ミサイルなどが初公開された。

 記念式典は午前10時(日本時間同11時)に始まり、70発の礼砲に続いて習主席が演説。「日本軍国主義侵略者を打ち負かし、中華民族5000年以上の発展文明の成果を守った」と述べた上で、「中国人民は勝利の成果を断固守り抜き、人類のため、さらに新たな貢献へ努力する」と強調し、「戦勝国」として国際秩序づくりで役割を果たす決意を訴えた。

 軍事パレードは6年ぶりで、習政権になって初めて。抗日戦勝記念に合わせた軍事パレードも初。式典には江沢民元国家主席ら長老も出席したほか、ロシアのプーチン大統領や韓国の朴槿恵大統領ら31カ国の首脳級、国連の潘基文事務総長らが参加した。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201509/2015090300046&g=int

 2015/01/27報 

0414_China_kounichi_70_parade_20150127_a_01.jpg








 2015/06/23報 










 2015/07/05報 












 2015/07/07報 














 2015/08/11報 








 2015/08/15報 










 2015/08/16報 
















 2015/08/20報 






 2015/08/22報 














 2015/08/24報 










 2015/08/25報 














 2015/08/26報 








 2015/08/28報 






























 2015/08/29報 
















 2015/09/01報 










 2015/09/02報 










 2015/09/03報 








































































































































 2015/09/04報 


























































»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL