2020年東京五輪のエンブレムに盗作疑惑、ベルギーのデザイナーが同国の劇場のロゴと酷似していると指摘、国際オリンピック委員会(IOC)に使用差し止めを求める申立書を送付






【2015/08/29最新】 【主報】 (2015/07/31-22:36)
 2020年東京五輪のエンブレムに盗作疑惑、ベルギーのデザイナーが同国の劇場のロゴと酷似していると指摘、国際オリンピック委員会(IOC)に使用差し止めを求める申立書を送付



 【ブリュッセル時事】2020年東京五輪のエンブレムがベルギーのリエージュ劇場のロゴと酷似していると指摘されている問題で、劇場のロゴをデザインしたオリビエ・ドビ氏の弁護士は31日、著作権侵害の疑いがあるとして、使用差し止めを求める申立書を、国際オリンピック委員会(IOC)に送付したことを明らかにした。

 ドビ氏は「類似点は多い。劇場ロゴはネットなどで簡単に見ることができる」と指摘。弁護士や劇場と相談の上、「第1段階の対応」として申立書の送付を決めた。弁護士によると、東京五輪のエンブレム決定過程についても説明を求め、8日以内の回答を要求。IOCの対応次第で提訴も検討するという。

 IOCのマーク・アダムス広報部長は30日、「大会組織委員会は包括的で、透明性のあるプロセスを経てロゴを選んだ」との声明を発表し、問題視しない考えを示していた。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201507/2015073101039&g=spo

 2015/07/30報 




































































 2015/07/31報 




































 2015/08/01報 












 2015/08/05報 
































 2015/08/14報 










































 2015/08/18報 
























 2015/08/22報 
















 2015/08/28報 














 2015/08/29報 














»  書き込む :1


意見・感想・議論

post
  1. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/08/07(金) 18:04:05
    大事になってるのは対応が最悪だったことが原因だと思う
    日本の常識が世界の常識ではない

    商標とってるから問題ないとか、そういうことじゃないってことを理解していない
Comment form

トラックバック

Trackback URL