ホンダ、死傷事故報告義務違反について、米運輸省道路交通安全局(NHTSA)に過去最高額となる民事制裁金84億円を支払うことで合意


0034_Honda_NHTSA_seisaikin_kako_saikougaku_70million_dollers_201501_01.jpg

0034_Honda_NHTSA_seisaikin_kako_saikougaku_70million_dollers_201501_02.jpg

0034_Honda_NHTSA_seisaikin_kako_saikougaku_70million_dollers_201501_03.jpg

0034_Honda_NHTSA_seisaikin_kako_saikougaku_70million_dollers_201501_04.jpg

0034_Honda_NHTSA_seisaikin_kako_saikougaku_70million_dollers_201501_05.jpg

0034_Honda_NHTSA_seisaikin_kako_saikougaku_70million_dollers_201501_06.jpg

【主報】 (2015/01/09-11:56)
 ホンダ、死傷事故報告義務違反について、米運輸省道路交通安全局(NHTSA)に過去最高額となる民事制裁金84億円を支払うことで合意



 【ニューヨーク時事】米運輸省道路交通安全局(NHTSA)は8日、死傷事故などに関する四半期報告義務を怠ったとして、ホンダが民事制裁金7000万ドル(約84億円)を支払うことに同意したと発表した。NHTSAが一度に科す制裁金としては過去最高額。

 NHTSAによると、ホンダは2003年から14年にかけて、1729件の死傷事故の報告を怠っていた。この中にはタカタ製エアバッグの欠陥が原因による事故も8件含まれているが、ホンダはこの欠陥事故に関しては随時適切に情報を提供したなどと説明している。

 米国の法律では、自動車メーカーは随時報告に加え四半期ごとにも「早期警告リポート」で、死傷事故や損害賠償請求など安全性に関わる事象をNHTSAに報告するよう義務付けられており、違反した場合は案件ごとに最高3500万ドルの制裁金が科される。

 ホンダは死傷事故の報告を怠ったほか、保証期間中の部品交換件数について誤った数字を報告していたとされ、この二つの案件に関してそれぞれ3500万ドルの制裁金が科された。

 ホンダは同日、今回の報告漏れはデータの入力漏れやコンピュータープログラムの欠陥などが原因だったとして、不備を是正する作業を進めているとの声明を発表した。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015010900099&g=eco

【前報】 (2014/11/25-10:19)
 ホンダ、死傷事故情報を米運輸省道路交通安全局(NHTSA)に報告せず、タカタ製エアバッグが破裂した8件の事故を含む1729件、制裁金が課される恐れ



 【ニューヨーク時事】ホンダは24日、死傷事故の情報を米運輸省道路交通安全局(NHTSA)に報告するよう義務付けられた2003年7月以降、今年6月までに、を怠っていたと発表した。部品大手のタカタ(東京)製エアバッグが破裂した8件の事故もこの中に含まれる。

 NHTSAは自動車メーカーに対し、早期に不具合の傾向を把握することを目的に、死傷事故に関して警察などから各社に届いた通知や被害者からの損害賠償の申し立てを四半期ごとに報告するよう法律で義務付けている。違反した場合、件数に応じて最高3500万ドル(約41億円)の民事制裁金が科される。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201411/2014112500129&g=soc

»  書き込む :2


意見・感想・議論

post
  1. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/01/12(月) 17:25:15
    日本の企業が罰金を科されるってニュースはよく聞くけど、日本が海外企業に罰金を科すっていうニュースは聞かないね
  2. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/01/13(火) 17:26:23
    景気のいい話だ
Comment form

トラックバック

Trackback URL