中国公安当局、著名な人権派弁護士を拘束、所属事務所の10人前後を連行、政権と対抗する人権派弁護士への引き締めを強化、全国の人権派弁護士110人がインターネット上に声明







0331_China_jinkenha_bengoshi_kousoku_201507_05.jpg

【2015/09/22最新】 【主報】 (2015/07/10-23:53)
 中国公安当局、著名な人権派弁護士を拘束、所属事務所の10人前後を連行、政権と対抗する人権派弁護士への引き締めを強化、全国の人権派弁護士110人がインターネット上に声明



 【北京時事】中国の著名女性人権派弁護士・王宇さんが9日、公安当局に拘束されたことが分かった。10日には、人権事件に果敢に取り組む王さんの所属事務所の主任弁護士や有名な人権派弁護士・李和平氏をはじめ計10人前後が連行された。習近平政権は権力と対抗する人権派弁護士への引き締めを一段と強化し、相次ぐ拘束に踏み切ったとみられる。

 王さんの問題に関しては全国の人権派弁護士110人以上がインターネット上に声明を出し、関係当局に対し法律に基づき対応するよう抗議した。

 王さんは8日夜、人権活動家の夫と息子を空港に送って帰宅した。その後、9日未明に突然、停電となり、ネットも切断された。同時に自宅のドアをこじ開ける音がしたため穴から外をのぞくと黒い人影があり、低い人の声も聞こえた。夫や息子に電話したが、既に応答はなかった。王さんはこうした不審な情報を友人に伝えた。

 しばらくして、今度は王さん自身とも連絡が取れなくなった。当時、警官20~30人が王さんの自宅アパートを訪れ、1人を連行したという情報がある。これが王さんとみられる。

 王さんは多くの人権事件で弱者支援に当たり、横暴な権力と闘う弁護士として知られる。これまでの取材に対し「中国の法治はどんどんひどくなり『非法化』が進んでいる。容疑者や被告との接見などは厳しくなり、中国の弁護士は暴力、拘束を受ける危険が高まっている」と訴えていた。

 王さん自身は2008年、天津西駅で駅員とトラブルになり、懲役2年6月の実刑判決を受けたことがある。今年6月になって国営新華社通信などが突然、当時の王さんの問題を取り上げた文章を掲載。「体制にとって敏感な案件を弁護したことへの報復」(人権派弁護士)とみられている。

 一方、王さんが所属する鋒鋭弁護士事務所(北京)で主任を務める周世鋒弁護士らも10日、連れ去られたほか、事務所の職員らが行方不明になっている。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201507/2015071000739&g=int

 2015/07/13報 


























 2015/09/22報 
















»  書き込む :1


意見・感想・議論

post
  1. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/07/14(火) 22:05:17
    中国ってリアルで「狂四郎2030」の世界なのな
Comment form

トラックバック

Trackback URL