島根県松江市にある「松江城天守」の国宝指定が正式に告示、市長らから喜びの声


0318_Shimane_Matsuejyou_tensyu_kokuhou_201507_01.jpg

0318_Shimane_Matsuejyou_tensyu_kokuhou_201507_02.jpg

0318_Shimane_Matsuejyou_tensyu_kokuhou_201507_03.jpg

【主報】 (2015/07/08-12:35)
 島根県松江市にある「松江城天守」の国宝指定が正式に告示、市長らから喜びの声



 松江市の「松江城天守」の国宝指定が8日、官報告示された。国宝指定が正式に決まり、関係者は悲願の成就に改めて喜びをかみしめた。

 松江市役所で同日朝に会見した松浦正敬市長は「長年の努力が重なり、今日を迎えることができた。国宝を持つ松江市を、さらに磨きをかけていきたい」と笑顔。市民団体「松江城を国宝にする市民の会」の藤岡大(だい)拙(せつ)会長も「今後は市民の力で城をきれいにしたり、(観光客を)もてなしたりする活動を続けたい」と話した。

 5月15日に文化審議会が国宝指定の答申をして以降、松江城には多くの観光客が来訪。管理事務所によると、6月に天守閣を訪れた人は3万2365人とで、前年同月を約3割上回った。

産経ニュース(引用元)
http://www.sankei.com/west/news/150708/wst1507080050-n1.html

【前報】 (2015/05/15-19:00)
 文化審議会、松江城天守を国宝に指定するよう文部科学相に答申



 文化審議会(宮田亮平会長)は15日、江戸時代初めに築かれた松江城天守(松江市)を国宝に、現在は東京都庭園美術館として利用されている旧朝香宮邸(東京都港区)など9件の建造物を新たに重要文化財に指定するよう、下村博文文部科学相に答申した。山梨県甲州市の山村集落を重要伝統的建造物群保存地区に選定することも求めた。

 近く答申通り告示され、建造物の国宝・重要文化財は2437件、保存地区は110になる。

 松江城は関ケ原の合戦の後、出雲・隠岐の領主になった堀尾氏が築城。1611年に完成した天守は、2階分の長さの通し柱を多用するなど独自の特徴があり、近世城郭の最盛期を代表する建築と評価された。現存する天守の国宝指定は松本城(長野県)、犬山城(愛知県)、彦根城(滋賀県)、姫路城(兵庫県)に続き5例目。

産経ニュース(引用元)
http://www.sankei.com/west/news/150515/wst1505150070-n1.html

【前報】 (2015/05/17-07:06)
 松江城天守の国宝指定、地域全体が祝福ムードに



 松江市の松江城天守の国宝化答申から一夜明けた16日、「国宝」となる松江城を一目見ようと朝から観光客らが続々と訪れた。城周辺の堀などを巡る遊覧船の屋根にも「祝 松江城国宝へ」の横断幕が躍り、松江城一帯が“国宝効果”に沸いている。

 この日は週末の土曜日とあって、遠方からの観光客らも多く訪れていた。それぞれが「国宝」ニュース直後に訪れることができたとして「超ラッキー」などと喜びながら、松江城天守を背景に記念撮影などを楽しんでいた。名古屋市から訪れたという会社員の女性(36)は「ニュースで聞いてびっくりした。今日見た松江城の姿は一生忘れません」と興奮ぎみ。地元の松江市の主婦(44)は「何回か来ているが、今日の松江城は違う。“国宝”の風格が漂っている」と改めてその雄姿に見入った。

 遊覧船にも大勢の観光客らが乗船し、船上から望む松江城の美しい姿を堪能するなど、地域全体が祝福ムードに包まれていた。

産経ニュース(引用元)
http://www.sankei.com/region/news/150517/rgn1505170039-n1.html

【前報】 (2015/05/19-10:39)
 国宝指定答申直後の週末、観光客が1.8倍に



 松江市の松江城天守の国宝指定答申直後の週末となった16、17日に同所を訪れた人は前週比約1・8倍になったことが18日分かった。松江城を紹介するホームページ(HP)のアクセス件数も答申当日の15日だけで通常の10倍超の過熱ぶり。“国宝効果”は実際の数字にも表れた格好だ。

 15日夕、国の文化審議会が松江城天守の国宝指定を答申し、テレビや新聞で一斉に報じられるなど、吉報はまたたく間に全国ニュースに。金曜日夕というタイミングもあり、直後の土曜日と日曜日の人出が注目されていた。

 管理事務所によると、16日の登閣者は1569人、17日は2086人で計3655人。前週の土曜日の9日は886人、日曜日の10日は1190人で計2076人といい、一挙に約1600人増えて約1・8倍に。

 また、松江ツーリズム研究会による松江城HPへのアクセス件数は、15日だけで約5100件に達し、一日平均300~400件の10倍超に。その後も16日約2800件、17日1100件と“国宝効果”が持続しているという。

産経ニュース(引用元)
http://www.sankei.com/west/news/150519/wst1505190026-n1.html

【前報】 (2015/06/18-07:08)
 松江城天守の国宝指定、松江開府の祖として知られる堀尾吉晴に偲ぶ会で報告



 松江市のシンボル、松江城の築城に尽力し、松江開府の祖として知られる堀尾吉晴の命日とされる17日、墓所のある島根県安来市広瀬町の巌倉寺境内で「堀尾吉晴公を偲(しの)ぶ会」が開かれ、松江城天守が国宝に指定されることが報告された。

 吉晴の墓前で開かれた会では、松浦正敬・松江市長が献花し、国宝指定を報告。「吉晴公もご存じでしょうが、慶長16(1611)年と書かれた祈祷(きとう)札が見つかり、それが指定の理由となりました」などと語りかけた。そして、「吉晴公が残した城下町松江を再認識し、まちづくりを進めたい」と誓った。

 近藤宏樹・安来市長も「吉晴公は最初、月山富田城主として来ている。松江城と距離も近く、市でも月山富田城の整備を進めており、連携してPRできれば良い」などと語った。会に続いて、参列者らは近くにある吉晴ゆかりの遺物などを見学した。

 吉晴ら堀尾氏は当初、現在の安来市の広瀬地区にあった月山富田城に入城したが、その後、松江城を築城し、本拠に。このため広瀬地区周辺にゆかりの遺跡などが残っている。

 吉晴は、松江城が完成した慶長16(1611)年に亡くなり、遺言で広瀬の地に埋葬されたと伝わる。これまでも命日周辺で関係者が墓所を参拝したり、清掃作業をしたりしてきた。

産経ニュース(引用元)
http://www.sankei.com/region/news/150618/rgn1506180017-n1.html

»  書き込む :1


意見・感想・議論

post
  1. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/07/10(金) 01:04:43
    行ったことあるけど、松江はいいとこだったなー
    飯うまいし
Comment form

トラックバック

Trackback URL