アフガニスタン首都カブール、武装勢力が議会議事堂を襲撃、治安部隊と武装勢力の間で銃撃戦、女性と子供の2人が死亡、30人が負傷、襲撃の実行犯6人全員を射殺、タリバンが犯行声明


0289_Afghanistan_gikai_jibaku_terrorism_201506_02.jpg

0289_Afghanistan_gikai_jibaku_terrorism_201506_03.jpg

0289_Afghanistan_gikai_jibaku_terrorism_201506_04.jpg

0289_Afghanistan_gikai_jibaku_terrorism_201506_05.jpg

0289_Afghanistan_gikai_jibaku_terrorism_201506_06.jpg

【主報】 (2015/06/22-20:44)
 アフガニスタン首都カブール、武装勢力が議会議事堂を襲撃、治安部隊と武装勢力の間で銃撃戦、女性と子供の2人が死亡、30人が負傷、襲撃の実行犯6人全員を射殺、タリバンが犯行声明



 【ニューデリー時事】アフガニスタンの首都カブールで22日、議会議事堂が武装勢力に襲撃された。大規模な爆発の後、治安部隊と武装勢力の間で銃撃戦が展開され、女性と子供の計2人が死亡、約30人が負傷した。襲撃の実行犯6人全員は射殺された。

 反政府勢力タリバンが「新しい国防相を信任するための審議を狙った」と声明を出し、犯行を認めた。

 警察当局によると、爆弾を積んだ自動車が議事堂付近で自爆。その後、自動小銃などで武装した6人が議事堂内に侵入しようとしたが、応戦した治安部隊に阻まれ、近くの建設中の建物に立てこもった。

 議員の1人は地元メディアの取材に「大きな爆発音が聞こえて建物が揺れ、窓ガラスが割れた」と語った。議員らは安全な場所に避難して全員無事だった。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201506/2015062200554&g=

»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL