鹿児島県口永良部島の新岳が小規模の噴火、一日に二度の噴火を観測、活発な火山活動が続く


0284_Kagoshima_kuchinoerabujima_saifunka_201506_02.jpg










































































































































 2015/12/11報 










 2015/12/25報 































【主報】 (2015/06/18-13:28)
 鹿児島県口永良部島の新岳が小規模の噴火、噴火に伴う火山性微動を観測



 気象庁は18日、鹿児島県・口永良部島の新岳が午後0時17分ごろ噴火したもようだと発表した。5月29日の爆発的噴火よりも規模は小さいとみられる。

 同庁によると、噴火に伴う火山性微動を観測。地震計や空振計のデータなどから噴火が起きたと判断した。噴煙は雲で覆われて見えないという。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201506/2015061800416&g=soc

»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL