トヨタ自動車の小型車「カローラ」、国内累計販売台数が1000万台を超える、発売から49年で達成


0270_Toyota_Corolla_10million_201506_01.jpg

0270_Toyota_Corolla_10million_201506_02.jpg

0270_Toyota_Corolla_10million_201506_03.jpg

0270_Toyota_Corolla_10million_201506_04.jpg

0270_Toyota_Corolla_10million_201506_05.jpg

【主報】 (2015/06/10-20:44)
 トヨタ自動車の小型車「カローラ」、国内累計販売台数が1000万台を超える、発売から49年で達成



 トヨタ自動車は10日、主力小型車「カローラ」の国内累計販売台数(商用車タイプを除く)が5月末で1000万台を超えたことを明らかにした。昭和41年の発売から49年で達成、1000万台を突破した単一車種としては国内で初めてとなる。

 カローラは、価格と性能のバランスの良さが評価され、国民的大衆車として定着。時代に合わせた変化でロングセラーを続けた。

 現行モデルは11代目。乗用車タイプのみで、セダンとワゴンがある。車種別の年間販売台数では、平成13年まで33年間にわたってトップを確保した。

 カローラは海外では、150以上の国・地域で販売されており、商用車タイプを含む世界累計販売台数は4000万台を超えている。

産経ニュース
http://www.sankei.com/economy/news/150610/ecn1506100045-n1.html

»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL