自民党・町村信孝衆議院議員が脳梗塞のため70歳で死去、衆院当選12回、初代文部科学相、外相、官房長官、衆議院議長を歴任


0263_Machimura_Nobutaka_Jimintou_shikyo_201506_01.jpg

0263_Machimura_Nobutaka_Jimintou_shikyo_201506_02.jpg

0263_Machimura_Nobutaka_Jimintou_shikyo_201506_03.jpg

0263_Machimura_Nobutaka_Jimintou_shikyo_201506_04.jpg

0263_Machimura_Nobutaka_Jimintou_shikyo_201506_05.jpg

0263_Machimura_Nobutaka_Jimintou_shikyo_201506_06.jpg

0263_Machimura_Nobutaka_Jimintou_shikyo_201506_07.jpg

0263_Machimura_Nobutaka_Jimintou_shikyo_201506_b_01.jpg

0263_Machimura_Nobutaka_Jimintou_shikyo_201506_b_02.jpg

0263_Machimura_Nobutaka_Jimintou_shikyo_201506_b_03.jpg

0263_Machimura_Nobutaka_Jimintou_shikyo_201506_b_04.jpg

0263_Machimura_Nobutaka_Jimintou_shikyo_201506_b_05.jpg

【主報】 (2015/06/02-00:18)
 自民党・町村信孝衆議院議員が脳梗塞のため70歳で死去、衆院当選12回、初代文部科学相、外相、官房長官、衆議院議長を歴任



 外相や官房長官を歴任し、前衆院議長だった自民党の町村信孝(まちむら・のぶたか)衆院議員=北海道5区=が1日午後2時15分、脳梗塞のため、東京都内の病院で死去した。70歳だった。静岡県沼津市出身。葬儀は5日午前11時から港区南青山2の33の20の青山葬儀所で行う。葬儀委員長を安倍晋三首相が務める。

 町村氏の死去に伴う衆院補欠選挙は、昨年12月の衆院選をめぐる「1票の格差」訴訟が係争中のため、現時点で公職選挙法の規定通り10月に実施されるかは未定だ。

 町村氏は、元北海道知事の町村金五氏の次男。旧通産省出身で、1983年衆院選に自民党公認で出馬して初当選し、衆院当選12回。97年に文相で初入閣し、2000年に文相兼科学技術庁長官に就任。そのまま初代の文部科学相となった。04年と07年に外相、その後の福田内閣で官房長官に就き、先の衆院選後に第75代議長に選出された。

 自民党最大派閥である町村派会長も務め、12年9月の党総裁選に出馬。しかし、選挙戦中に脳梗塞と診断され入院した。議長就任後も脳梗塞を再発。職務続行は困難と判断し4月21日、議長を辞任した。

 政策通として知られ、党税制調査会幹部として長く税制改正作業の中心的な役割を果たした。特定秘密保護法に基づく政府の秘密指定に関し、国会が運用監視に当たる「情報監視審査会」の制度設計にも尽力した。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201506/2015060100603&g=obt

【続報】 (2015/06/01-21:19)
 安倍首相「若い議員の時から指導していただいた。急な話で本当に残念でならない」



 自民党の町村信孝前衆院議長の死去を受け、政界から故人を悼む声が相次いだ。安倍晋三首相は1日夕、「ご業績とご遺徳をしのび、ご冥福をお祈りしたい。私も若い議員の時から指導していただいた。急な話で本当に残念でならない」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。首相は同日夜、東京都目黒区の町村氏の自宅を弔問に訪れた。

 1日の同党役員会では幹部が黙とうをささげた。谷垣禎一幹事長はこの後の記者会見で「急なご逝去で何とも言葉がないというのが正直な思いだ」と弔意を示した。

 昨年12月に党内最大派閥の会長を町村氏から引き継いだ細田博之幹事長代行は国会内で記者団に、「頭脳明晰(めいせき)で経済にも明るく、国際性もあった。日本政界の大きな損失だ」としのんだ。大島理森衆院議長は「政治家として勇気と信念を持った方だった。憲政に懸ける強い信念を継承しなければならない」とのコメントを発表した。 

 公明党の山口那津男代表は記者団に「選挙制度改革に意欲を持っていただけに本当に残念でならない」と述べた。民主党の岡田克也代表も「(衆院の)1票の格差の是正に非常に熱心に取り組まれた」とたたえた。

 維新の党の松野頼久代表は「政界での足跡は皆、評価している。心からお悔やみ申し上げたい」と述べた。共産党の山下芳生書記局長は「立場は違っても、言論の府として相手の主張をしっかり聞き、受け止めていただける方だった」と振り返り、「生活の党と山本太郎となかまたち」の小沢一郎代表は「もっと元気に活躍してもらいたかった」と語った。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201506/2015060100639&g=pol

【続報】 (2015/06/02-11:34)
 菅官房長官「頭脳明晰で、威風のある政治家だった」



 自民党の町村信孝前衆院議長が死去したことについて、菅義偉官房長官は2日の記者会見で「非常に頭脳明晰(めいせき)で、威風のある政治家だったと思う。まだ70歳だったから、日本の政治をけん引してもらいたいと思っていた」と、突然の死を惜しんだ。

 また、岸田文雄外相は会見で「町村氏は外相の先輩だ。心から尊敬する先輩の訃報に接して大変残念に思う」と述べ、林芳正農林水産相は「自民党税制調査会では長い間、ご一緒して指導いただいた。本当に惜しい方を亡くしたという思いでいっぱいだ」と語った。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201506/2015060200362&g=pol

【続報】 (2015/06/02-15:36)
 町村信孝氏の葬儀、町村家と自民党の合同葬に



 自民党は2日、町村信孝前衆院議長(1日死去)の葬儀を町村家と自民党の合同葬として行うと発表した。合同葬は5日午前11時から、東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で行い、安倍晋三首相(自民党総裁)が葬儀委員長を務める。喪主は妻淳子(じゅんこ)さん。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201506/2015060200623&g=obt

»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL