日本年金機構、加入者の氏名や基礎年金番号など、125万件の個人情報を外部に流出させる、職員が電子メールの添付ファイルを開封したことでウイルスに感染






【2015/09/19最新】 【主報】 (2015/06/01-21:03)
 日本年金機構、加入者の氏名や基礎年金番号など、125万件の個人情報を外部に流出させる、職員が電子メールの添付ファイルを開封したことでウイルスに感染



 日本年金機構は1日、職員の端末がサイバー攻撃を受け、個人情報約125万件が外部に流出したと発表した。いずれも加入者の氏名と基礎年金番号が含まれ、うち約5万2000件には住所も含まれていた。55万件は内規に反してパスワードが未設定だったといい、同機構の水島藤一郎理事長は「極めて重い責任を感じる。全力を尽くして対処する」と陳謝した。

 安倍晋三首相は記者団に「国民の大事な年金だ。万全を期すよう厚生労働相に指示した」と述べた。記者会見した塩崎恭久厚労相は「悪意を持った攻撃を防げなかったことは遺憾だ」と話し、省内に検証委員会を設置することを明らかにした。

 同機構によると、5月8日に職員が電子メールの添付ファイルを開封したことで端末1台がウイルスに感染し、「異常な通信を始めた」という。外部のセキュリティー会社に対策を依頼したが、他にも開封した職員がいたとみられ、18日に再び不正アクセスを検知。翌19日、警視庁に捜査を依頼したところ、28日に同庁から情報流出を伝えられたとしている。

 警視庁公安部は、不正アクセス禁止法違反や刑法の不正指令電磁的記録供用罪に当たる可能性があるとみて、捜査を始めた。

 流出したのは(1)基礎年金番号と氏名が約3万1000件(2)番号、氏名、生年月日が約116万7000件(3)番号、氏名、生年月日、住所が約5万2000件。さらに件数が増える可能性もあるという。

 同機構の内規では、個人情報を含むデータを端末に保存する際、パスワードを設定し外部閲覧を制限することになっていた。しかし、約55万件はパスワードが未設定で、内規違反の状態だった。

 同機構は被害拡大を防ぐため、すべての年金事務所でインターネットへの接続を遮断。年金の積立額や職歴などを扱う基幹システムへの不正アクセスは確認されていないが、さらに調査を進める。

 同機構は2日から、情報が流出した加入者から各種手続きがあった場合、本人確認を徹底。該当者の基礎年金番号も変更し、成り済ましを防ぐ。

 加入者には個別に通知して謝罪するとともに、不審な連絡があった場合の専用電話窓口を設置した。電話番号はフリーダイヤル(0120)818211。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201506/2015060100561&g=soc

 2015/06/01報 














 2015/06/02報 
























































































 2015/06/03報 






































 2015/06/04報 














 2015/06/05報 














 2015/06/06報 


































 2015/06/07報 














 2015/06/08報 




















 2015/06/09報 




























 2015/06/11報 












 2015/06/13報 












 2015/06/15報 


















 2015/06/23報 












 2015/07/06報 


















 2015/07/07報 




 2015/07/13報 








 2015/08/20報 










 2015/08/21報 






 2015/08/25報 




















 2015/09/19報 













【主報】 (2015/06/01-21:03)
 日本年金機構、加入者の氏名や基礎年金番号など、125万件の個人情報を外部に流出させる、職員が電子メールの添付ファイルを開封したことでウイルスに感染



 日本年金機構は1日、職員の端末がサイバー攻撃を受け、個人情報約125万件が外部に流出したと発表した。いずれも加入者の氏名と基礎年金番号が含まれ、うち約5万2000件には住所も含まれていた。55万件は内規に反してパスワードが未設定だったといい、同機構の水島藤一郎理事長は「極めて重い責任を感じる。全力を尽くして対処する」と陳謝した。

 安倍晋三首相は記者団に「国民の大事な年金だ。万全を期すよう厚生労働相に指示した」と述べた。記者会見した塩崎恭久厚労相は「悪意を持った攻撃を防げなかったことは遺憾だ」と話し、省内に検証委員会を設置することを明らかにした。

 同機構によると、5月8日に職員が電子メールの添付ファイルを開封したことで端末1台がウイルスに感染し、「異常な通信を始めた」という。外部のセキュリティー会社に対策を依頼したが、他にも開封した職員がいたとみられ、18日に再び不正アクセスを検知。翌19日、警視庁に捜査を依頼したところ、28日に同庁から情報流出を伝えられたとしている。

 警視庁公安部は、不正アクセス禁止法違反や刑法の不正指令電磁的記録供用罪に当たる可能性があるとみて、捜査を始めた。

 流出したのは(1)基礎年金番号と氏名が約3万1000件(2)番号、氏名、生年月日が約116万7000件(3)番号、氏名、生年月日、住所が約5万2000件。さらに件数が増える可能性もあるという。

 同機構の内規では、個人情報を含むデータを端末に保存する際、パスワードを設定し外部閲覧を制限することになっていた。しかし、約55万件はパスワードが未設定で、内規違反の状態だった。

 同機構は被害拡大を防ぐため、すべての年金事務所でインターネットへの接続を遮断。年金の積立額や職歴などを扱う基幹システムへの不正アクセスは確認されていないが、さらに調査を進める。

 同機構は2日から、情報が流出した加入者から各種手続きがあった場合、本人確認を徹底。該当者の基礎年金番号も変更し、成り済ましを防ぐ。

 加入者には個別に通知して謝罪するとともに、不審な連絡があった場合の専用電話窓口を設置した。電話番号はフリーダイヤル(0120)818211。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201506/2015060100561&g=soc

【前報】 (2015/06/01-20:29)
 住民基本台帳ネットワークについては不正アクセスなし



 日本年金機構職員の端末がサイバー攻撃を受け個人情報が流出した問題で、高市早苗総務相は1日、全国の自治体を専用回線で結んで個人情報を共有する住民基本台帳ネットワークについては同様の不正アクセスはなかったと明らかにした。首相官邸で記者団に対し、「5月29日夜に(年金機構の問題の)第一報を受け、30日朝まで確認作業を進めたが、住基ネットへの不正アクセスはなかった」と述べた。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201506/2015060100771&g=eco

»  書き込む :1


意見・感想・議論

post
  1. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/06/03(水) 14:32:36
    詐欺が増える恐れがあると言うが、それは警察の怠慢だと思うわ
Comment form

トラックバック

Trackback URL