改正道路交通法が施行、自転車の悪質・危険な運転者に安全講習の受講を義務付け、受講手数料は5700円、受講命令に従わなかった場合は、5万円以下の罰金


 2015/06/01報 














































 2015/11/12報 



















【主報】 (2015/06/01-13:23)
 改正道路交通法が施行、自転車の悪質・危険な運転者に安全講習の受講を義務付け、受講手数料は5700円、受講命令に従わなかった場合は、5万円以下の罰金



 自転車の悪質・危険な運転者に安全講習の受講を義務付ける改正道交法が1日施行され、警視庁は東京都内の交差点など97カ所で、自転車利用者への安全運転呼び掛けや、新制度の啓発活動を行った。

 港区麻布十番の交差点近くでは、麻布署員が新制度を説明するチラシが入ったティッシュを自転車運転者に配布。自転車に関する交通ルールを周知するとともに、悪質・危険な運転への指導や取り締まりを実施した。

 自転車に乗っていた20代のアルバイト男性は「新制度が始まったことは知らなかった。しっかり覚えないと」と話した。

 警視庁によると今年4月末現在で、都内で自転車が関係した事故による死者は15人で増加傾向にある。

 自転車運転者講習制度は、14歳以上の自転車利用者が対象。信号無視や一時不停止、酒酔い運転など14類型の「危険行為」のいずれかを3年以内に2回以上摘発されると、安全講習受講を義務付けられる。

 受講命令に従わなかった場合は、5万円以下の罰金が科される。講習は危険行為の学習や被害者の体験談など3時間の座学で、受講手数料は5700円。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201506/2015060100024&g=soc

【前報】 (2015/05/30-14:26)
 改正道路交通法、6月1日に施行、3年以内に2回で安全講習の受講義務



 危険な違反を繰り返す自転車の運転者に安全講習を義務付けた改正道交法が1日、施行される。運転免許の不要な自転車で講習制度を導入するのは初めて。特定の違反で3年以内に2回以上摘発された人に受講義務が生じ、警察庁は全国で年間数百人に上るとみている。

 受講の対象となる違反は、信号無視や一時不停止、酒酔い運転など14項目。これらの違反が見つかって赤切符(交通切符)を交付されたり、違反が原因の事故で逮捕・書類送検されたりする摘発を3年以内に2回受けると、都道府県の公安委員会が受講を命じる。

 安全講習は、警察本部や運転免許センターなどで指定された期間に受ける。休憩を除いて計3時間で、標準的な手数料は5700円。受講しないと5万円以下の罰金が科される。

 講習では、交通ルールの理解度を確かめる小テストを始めと終わりに2回行うほか、自転車事故の被害者と加害者の体験談を読んだり、事故の映像を視聴して違反の危険性を疑似体験したりする。自分の行動を振り返って講師の警察官と討議する時間もあり、最後に感想文を発表する。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201505/2015053000197&g=soc

»  書き込む :1


意見・感想・議論

post
  1. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/06/03(水) 14:31:18
    他はいいけど、イヤホンだけは納得行かない
Comment form

トラックバック

Trackback URL