小笠原諸島西方沖を震源とするM8.5の地震が発生、東京都小笠原村母島と神奈川県二宮町で震度5強を観測、震源が地下590キロと深かったため津波は発生せず






























































































【主報】 (2015/05/31-01:24)
 小笠原諸島西方沖を震源とするM8.5の地震が発生、東京都小笠原村母島と神奈川県二宮町で震度5強を観測、震源が地下590キロと深かったため津波は発生せず



 30日午後8時24分ごろ、小笠原諸島西方沖を震源とする地震があり、東京都小笠原村・母島と神奈川県二宮町で震度5強、埼玉県春日部市などで同5弱を観測した。揺れは全国で観測され、震度4~1だった。気象庁によると、地震の規模(マグニチュード=M)は推定8.5と大きかったが、震源の深さが約590キロと深かった。津波は観測されなかった。

 気象庁の中村浩二地震情報企画官は記者会見で「フィリピン海プレートの下に沈み込む太平洋プレートの内部で起きた地震と考えられる。揺れが太平洋プレート内部を伝わりやすく、関東で揺れが大きくなった」と説明。過去の例では、強い余震の心配はないという。

 総務省消防庁などによると、東京消防庁への通報は転倒ややけどなど計9件。川崎市のマンションでは会社員男性(56)が階段で転倒し肋骨(ろっこつ)を骨折、横浜市の80代女性は揺れに気付きベッドから起き上がった際、左足指に軽傷を負った。埼玉県川口市では頭部を負傷した人がいた。

 東京タワー(港区)や超高層ビルの「六本木ヒルズ」(同区)ではエレベーターが一時停止したが、けが人はいなかった。東京消防庁によると、地震発生後、品川区、足立区の共同住宅などで、エレベーター内に閉じ込められた人の救助活動が行われた。警視庁小笠原署によると、父島や母島では地震による被害情報や110番はこれまで入っていない。

 JR東海によると、東海道新幹線は東京-新横浜間で一時運行を見合わせ。JR東日本では、東北、上越、北陸各新幹線で停電が発生、一部区間で速度を落とし運行するなどした。

 在来線では山手線、東海道線などが一時運行を停止した。

 日本原子力発電によると、茨城県東海村の東海第2原発に異常はないという。中部電力も静岡県御前崎市の浜岡原発に異常はないとしている。

◇主な各地の震度
 30日午後8時24分ごろの地震の主な各地の震度は次の通り。
 震度5強=東京都小笠原村・母島、神奈川県二宮町。
 震度5弱=埼玉県鴻巣市、春日部市、宮代町。
 震度4=東京都千代田区、横浜市、さいたま市、茨城県取手市、栃木県栃木市、群馬県館林市、千葉市、山梨県忍野村、長野県佐久市、静岡県伊豆の国市。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201505/2015053100002&g=soc

»  書き込む :2


意見・感想・議論

post
  1. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/05/31(日) 19:13:46
    これで終わりか、それとも次があるのかが問題
  2. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/06/03(水) 14:31:40
    怖いなー
Comment form

トラックバック

Trackback URL