南米エクアドル領ガラパゴス諸島のイサベラ島にあるウォルフ火山が噴火、33年ぶり1982年以来


0250_Galapagos_Islands_Wolf_funka_201505_01.jpg

0250_Galapagos_Islands_Wolf_funka_201505_02.jpg

0250_Galapagos_Islands_Wolf_funka_201505_03.jpg

【主報】 (2015/05/26-09:48)
 南米エクアドル領ガラパゴス諸島のイサベラ島にあるウォルフ火山が噴火、33年ぶり1982年以来



 【キトAFP=時事】南米エクアドル領ガラパゴス諸島のイサベラ島にあるウォルフ火山(1707メートル)が25日未明、噴火した。これまでのところ、島民や観光客らに影響はないという。ウォルフ火山の噴火は1982年以来。

 イサベラ島だけに生息するピンクイグアナへの影響が心配されたが、ガラパゴス国立公園関係者によると、溶岩は生息地域とされる島北西部とは反対側に流れ、危険な状況ではないもよう。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201505/2015052600131&g=int

»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL