インド南部で熱波が続く、首都ニューデリーをはじめ各地で最高気温45度を観測、死者560人を超える


0247_India_mousyo_201505_01.jpg

0247_India_mousyo_201505_02.jpg

0247_India_mousyo_201505_b_01.jpg

0247_India_mousyo_201505_b_02.jpg

0247_India_mousyo_201505_b_03.jpg

0247_India_mousyo_201505_b_04.jpg

0247_India_mousyo_201505_b_05.jpg

0247_India_mousyo_201505_b_06.jpg

【主報】 (2015/05/26-00:40)
 インド南部で熱波が続く、首都ニューデリーをはじめ各地で最高気温45度を観測、死者560人を超える



 【ニューデリー時事】インド政府当局は25日、1週間以上続く熱波による死者が南部2州で560人を超えたと明らかにした。地元メディアが報じた。当局は長時間の外出を避け、十分に水分を補給するよう促している。

 インド各地で最高気温が45度を超える中、南部のアンドラプラデシュ、テランガナ両州では50度近い気温を記録した。州政府関係者によると、主に高齢者や屋外で働く労働者が熱中症で死亡。少なくとも今月いっぱいは猛暑が続く見通しという。

 熱波は4月下旬から続いているが、週末を境に各地で気温がさらに上昇。首都ニューデリーも25日、今年最高となる45.5度を記録し、熱風が吹き荒れた。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201505/2015052600007&g=int

»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL