浅間山で火山性地震が増加、気象庁は機動観測班を派遣し調査へ、噴火警戒レベルの引き上げを検討




























【主報】 (2015/05/22-19:06)
 浅間山で火山性地震が増加、気象庁は機動観測班を派遣し調査へ、噴火警戒レベルの引き上げを検討



 気象庁は22日、群馬、長野県境の浅間山(2568メートル)で、4月下旬から火山性地震が増加していると発表した。山頂の火口から500メートルの範囲内で、火山灰や火山ガスが突発的に噴出する可能性があるという。23日に機動観測班を派遣し、調査する。

 気象庁によると、21日の火山性地震は53回で、50回を超えたのは2011年4月6日以来。11年は噴火は発生していない。

 浅間山の現在の警戒レベルは1(活火山に留意)。気象庁は火山性地震が直近30日で1日平均30回に達するかどうかを引き上げ検討の基準としているが、21日時点で同29回を超えた。山体の膨張が認められるかなどを総合的に検討した上で、引き上げの可否を決める。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201505/2015052200718&g=soc

【続報】 (2015/05/23-21:56)
 機動観測班、浅間山火口を調査も変化を観測できず、噴火警戒レベルは1を継続も警戒を呼びかけ



 気象庁は23日、群馬・長野県境の浅間山を機動観測班が群馬県のヘリコプターで観測したところ、昨年4月と比べ、山頂の火口内部や周辺に新たな噴出物や変色は確認されず、火口内の地形にも変化はなかったと発表した。

 赤外線カメラの画像でも、火口の底中央で高温になっている部分に大きな変化はなかったという。

 浅間山では4月下旬から火山性地震が増えている。気象庁は噴火警戒レベルを5段階で1(活火山に留意)のまま継続するが、火口から500メートル以内では火山灰・ガスが突発的に噴出する可能性があるとして、警戒を呼び掛けている。

 山頂に近づける登山道は限られており、地元自治体は警戒レベル1でも火口から500メートル以内を立ち入り禁止にしている。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201505/2015052300364&g=soc

»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL