米空母ジョージ・ワシントンが横須賀基地を出港、7年間の任務を終え帰国、今秋には同型艦のロナルド・レーガンが配備へ


 2015/05/18報 

0237_George_Washington_Yokosuka_kikoku_201505_02.jpg

0237_George_Washington_Yokosuka_kikoku_201505_03.jpg

0237_George_Washington_Yokosuka_kikoku_201505_04.jpg

0237_George_Washington_Yokosuka_kikoku_201505_05.jpg

0237_George_Washington_Yokosuka_kikoku_201505_06.jpg

 2015/08/25報 



















【主報】 (2015/05/18-11:00)
 米空母ジョージ・ワシントンが横須賀基地を出港、7年間の任務を終え帰国、今秋には同型艦のロナルド・レーガンが配備へ



 横須賀基地(神奈川県横須賀市)を母港とする米海軍の原子力空母ジョージ・ワシントンが18日、約7年間の任務を終えて同基地を出港した。米バージニア州で整備を受ける予定で、今秋には、平成23年の東日本大震災で被災地支援の「トモダチ作戦」に参加した同型艦ロナルド・レーガンが配備される。

 出港に先立ち、艦長のティモシー・キーハウス大佐は記者会見で、乗組員約5350人のうち約2千人がロナルド・レーガンの乗組員になると説明。「海上自衛隊との絆がより強まることを楽しみにしている」と話した。

 出港時には、米軍関係者や家族ら約200人が岸壁で見送ったほか、海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」が見送りのため航行。ジョージ・ワシントンの甲板上では乗組員がひらがなで「さようなら」と人文字を作った。

産経ニュース
http://www.sankei.com/life/news/150518/lif1505180019-n1.html

»  書き込む :1


意見・感想・議論

post
  1. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/05/19(火) 22:05:55
    この隙に中国が襲ってくるなんてことはないだろうけど、箱根山の噴火が取り沙汰される中で、極めて高い災害支援能力がある空母が日本を離れるのは不安だよね
Comment form

トラックバック

Trackback URL