米東部ペンシルベニア州フィラデルフィア近郊で長距離列車アムトラックが脱線、5人が死亡、50人以上が病院に搬送、6人が重体


0233_USA_ressya_dassen_jiko_201505_02.jpg

0233_USA_ressya_dassen_jiko_201505_03.jpg

0233_USA_ressya_dassen_jiko_201505_04.jpg

0233_USA_ressya_dassen_jiko_201505_05.jpg

0233_USA_ressya_dassen_jiko_201505_06.jpg

0233_USA_ressya_dassen_jiko_201505_07.jpg

0233_USA_ressya_dassen_jiko_201505_08.jpg

0233_USA_ressya_dassen_jiko_201505_09.jpg

0233_USA_ressya_dassen_jiko_201505_10.jpg

0233_USA_ressya_dassen_jiko_201505_11.jpg

【主報】 (2015/05/13-13:27)
 米東部ペンシルベニア州フィラデルフィア近郊で長距離列車アムトラックが脱線、5人が死亡、50人以上が病院に搬送、6人が重体



 【ワシントン時事】米東部ペンシルベニア州フィラデルフィア近郊で12日夜(日本時間13日午前)、首都ワシントン発ニューヨーク行きの長距離列車アムトラックが脱線した。地元当局によると、少なくとも5人が死亡、50人以上が病院に搬送された。脱線の原因は特定されていないが、CNNテレビは「テロの兆候はない」と伝えている。

 列車は10両編成で、このうち7両が完全に脱線し、一部は横転した。乗客238人と乗員5人が乗っていた。列車に乗り合わせていたNBCテレビの女性社員は、突然大きな衝突音が聞こえ、乗客らは宙に投げ出されたと証言。その後、起き上がれる人は立ち上がって脱出したという。

 地元の救援当局によると、負傷者のうち6人は重体。ワシントンの日本大使館当局者は「邦人が巻き込まれていないか確認を急いでいる」と述べた。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201505/2015051300440&g=int

【続報】 (2015/05/13-17:54)
 長距離列車アムトラックの運航、週内は停止となる見通し



 米東部ペンシルベニア州フィラデルフィア近郊で発生した全米鉄道旅客公社(アムトラック)の列車脱線で、フィラデルフィアのナッター市長は12日、同市を通過するアムトラックの列車運行は週内いっぱい停止されるとの見通しを示した。ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201505/2015051300809&g=int

【続報】 (2015/05/14-01:25)
 運行データの記録装置を回収、本格的な調査が開始



 【ニューヨーク時事】米東部ペンシルベニア州フィラデルフィアで12日起きた全米鉄道旅客公社(アムトラック)の列車脱線で、運輸安全委員会(NTSB)は13日、現地に専門家を派遣し、脱線原因の調査を本格化させた。救助作業は同日朝も続き、CNNテレビによると、死者は6人に増え、200人以上が病院で手当てを受けた。

 負傷者のうち8人は重体。ニューヨークの日本総領事館によると、邦人の被害情報はない。脱線が起きた路線は首都ワシントンとニューヨークを結ぶ米国有数の鉄道の大動脈で、横転し、ひしゃげた車両の現場映像は社会に衝撃を与えている。

 オバマ大統領は13日声明を出し、犠牲者に哀悼の意を表するとともに、「何が起きたのかを正確に特定する。消防、警察、医療当局者に休むことなく人命救助に当たるよう指示した」と述べた。

 列車は大きくカーブした線路の外側にはみ出す形で脱線した。NTSBは車両から速度など運行データの記録装置を回収済みで、データの解析を急ぐ。米メディアによると、カーブ付近では1943年にも79人が死亡する事故が起きた。

 脱線車両に乗っていた元連邦下院議員はMSNBCテレビに、列車が脱線直前、推定時速100キロ前後で走行し、「突然、レールを外れた」と証言した。ニューヨーク・タイムズ紙によると、ニューヨーク-ワシントン間のアムトラック特急列車の平均速度は約130キロという。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201505/2015051301008&g=int

【続報】 (2015/05/14-08:35)
 事故現場となったカーブ侵入時の速度、規定の2倍超に達する170キロであったことが判明、脱線直前に緊急ブレーキも間に合わず



 【ニューヨーク時事】米東部フィラデルフィアで起きた全米鉄道旅客公社(アムトラック)の列車脱線事故で、運輸安全委員会(NTSB)は13日に記者会見し、列車が事故現場のカーブに進入する際の速度が、規定の2倍を超える時速約170キロだったとする予備調査結果を明らかにした。運転士は脱線直前に緊急ブレーキをかけていた。

 現場では13日、1人が遺体で発見され、事故の死者は7人となった。

 NTSB当局者によれば、列車は左カーブへの進入時に全8両が脱線した。カーブ通過時の規定上限速度は約80キロだが、緊急ブレーキがかけられた際は約170キロだった。その3秒後、約164キロにまで速度が落ちた時点で列車のデータ記録が途切れており、その時に脱線したとみられる。NTSBによればカーブ直前区間の制限速度は約130キロで、列車はこの速度も大幅に超過していたことになる。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201505/2015051400066&g=int

»  書き込む :1


意見・感想・議論

post
  1. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/05/15(金) 05:22:13
    沿線に住宅が密集する日本だったら大惨事だったな
Comment form

トラックバック

Trackback URL