タカタ製エアバッグ欠陥問題、トヨタと日産が164万台のリコールを届け出、海外販売分を含めると655万台、1回のリコール台数としては過去最大


0231_Takata_airbag_recall_Toyota_Nissan_201505_01.jpg

0231_Takata_airbag_recall_Toyota_Nissan_201505_02.jpg

0231_Takata_airbag_recall_Toyota_Nissan_201505_03.jpg

0231_Takata_airbag_recall_Toyota_Nissan_201505_04.jpg

0231_Takata_airbag_recall_Toyota_Nissan_201505_05.jpg

0231_Takata_airbag_recall_Toyota_Nissan_201505_ab_01.jpg

0231_Takata_airbag_recall_Toyota_Nissan_201505_ab_07.jpg

0231_Takata_airbag_recall_Toyota_Nissan_201505_ab_08.jpg

0231_Takata_airbag_recall_Toyota_Nissan_201505_ab_09.jpg

0231_Takata_airbag_recall_Toyota_Nissan_201505_abb_01.jpg

0231_Takata_airbag_recall_Toyota_Nissan_201505_abb_06.jpg

0231_Takata_airbag_recall_Toyota_Nissan_201505_abb_07.jpg

0231_Takata_airbag_recall_Toyota_Nissan_201505_abb_08.jpg

0231_Takata_airbag_recall_Toyota_Nissan_201505_b_01.jpg

0231_Takata_airbag_recall_Toyota_Nissan_201505_b_02.jpg

0231_Takata_airbag_recall_Toyota_Nissan_201505_b_03.jpg

0231_Takata_airbag_recall_Toyota_Nissan_201505_b_04.jpg

0231_Takata_airbag_recall_Toyota_Nissan_201505_b_05.jpg

0231_Takata_airbag_recall_Toyota_Nissan_201505_b_06.jpg

0231_Takata_airbag_recall_Toyota_Nissan_201505_b_07.jpg

0231_Takata_airbag_recall_Toyota_Nissan_201505_b_08.jpg

0231_Takata_airbag_recall_Toyota_Nissan_201505_b_09.jpg

0231_Takata_airbag_recall_Toyota_Nissan_201505_c_01.jpg

0231_Takata_airbag_recall_Toyota_Nissan_201505_c_02.jpg

0231_Takata_airbag_recall_Toyota_Nissan_201505_c_03.jpg

0231_Takata_airbag_recall_Toyota_Nissan_201505_c_04.jpg

【主報】 (2015/05/13-20:11)
 タカタ製エアバッグ欠陥問題、トヨタと日産が164万台のリコールを届け出、海外販売分を含めると655万台、1回のリコール台数としては過去最大



 トヨタ自動車と日産自動車は13日、自動車部品大手タカタ製のエアバッグが破裂する恐れがあるとして、計約164万台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。海外販売分も含めると計約655万台が対象となり、タカタ製エアバッグによる1回のリコール台数としては、それぞれ最多となった。

 昨年11月、トヨタ車の解体中に助手席エアバッグが破損した不具合を受けての措置。タカタや完成車メーカー各社が調査を続けているが、原因は不明で、新たな不具合は確認されていないものの予防的な対応を取った。国内のリコール台数も12社で累計約469万台に膨らんだ。

 今回の国内の対象車は、トヨタが「カローラ」「ヴィッツ」など25車種計135万7228台(2003年7月~07年3月製造)、日産が「エクストレイル」など8車種といすゞ自動車にOEM(相手先ブランドによる生産)供給する「コモ」の計28万8397台(04年1月~08年3月製造)。

 運転席エアバッグは順次交換を進める。交換部品の供給が追い付かない助手席エアバッグは、検査して気密性が低下している物を優先的に修理し、一部は作動しないようにする暫定措置を取る。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201505/2015051300526&g=etm

【続報】 (2015/05/14-17:57)
 ホンダ、ダイハツ工業が199万台のリコールを届け出、予防的な措置として



 自動車部品大手タカタ製エアバッグの欠陥問題で、ホンダとダイハツ工業は14日、新たに計199万1334台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。大半は不具合の原因が分かっておらず、新たなトラブルは起きていないが、予防的な措置を取った。

 一連の問題では、トヨタ自動車と日産自動車が13日、国内で計約164万台をリコール。2004年以降の車にまで対象を拡大しており、国内のリコール台数は、12社の累計で約668万台に膨らんだ。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201505/2015051400484&g=etm

»  書き込む :1


意見・感想・議論

post
  1. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/05/15(金) 05:42:58
    まだこの問題続いてたのね
Comment form

トラックバック

Trackback URL