北海道で大雪続く、JR北海道は列車120本を運休、新千歳空港では発着する50便が欠航、1500人が空港で一夜


0023_Hokkaido_New_Chitose_Airport_ooyuki_201501_01.jpg

0023_Hokkaido_New_Chitose_Airport_ooyuki_201501_02.jpg

0023_Hokkaido_New_Chitose_Airport_ooyuki_201501_03.jpg

0023_Hokkaido_New_Chitose_Airport_ooyuki_201501_04.jpg

0023_Hokkaido_New_Chitose_Airport_ooyuki_201501_05.jpg

【主報】 (2015/01/08-10:08)
 北海道で大雪続く、JR北海道は列車120本を運休、新千歳空港では発着する50便が欠航、1500人が空港で一夜



 発達した低気圧の影響で、北海道は8日も強風や大雪が続き、JR北海道は列車120本を運休した。新千歳空港を発着する空の便も乱れ、7日から8日にかけて約1500人が空港で一夜を明かした。

 JR北海道によると、運休したのは札幌と新千歳空港を結ぶ快速エアポートのほか、函館線の小樽-ほしみ、札沼線(学園都市線)の北海道医療大学-新十津川など。国土交通省新千歳空港事務所によると、同空港発着便は50便が欠航した。

産経ニュース
http://www.sankei.com/affairs/news/150108/afr1501080007-n1.html

»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL