フランスの風刺週刊紙シャルリー・エブドの本社に武装犯が侵入し銃撃、警官、編集長、風刺漫画担当記者ら12人が死亡、犯人は国際テロ組織アルカイダを名乗る


 2015/01/08報  

0021_Paris_Charlie_Hebdo_Al-Qaeda_syuugeki_jiken_2015_01.jpg

0021_Paris_Charlie_Hebdo_Al-Qaeda_syuugeki_jiken_2015_02.jpg

0021_Paris_Charlie_Hebdo_Al-Qaeda_syuugeki_jiken_2015_03.jpg

0021_Paris_Charlie_Hebdo_Al-Qaeda_syuugeki_jiken_2015_04.jpg

0021_Paris_Charlie_Hebdo_Al-Qaeda_syuugeki_jiken_2015_05.jpg

0021_Paris_Charlie_Hebdo_Al-Qaeda_syuugeki_jiken_2015_06.jpg

0021_Paris_Charlie_Hebdo_Al-Qaeda_syuugeki_jiken_2015_07.jpg

0021_Paris_Charlie_Hebdo_Al-Qaeda_syuugeki_jiken_2015_08.jpg

0021_Paris_Charlie_Hebdo_Al-Qaeda_syuugeki_jiken_2015_09.jpg

0021_Paris_Charlie_Hebdo_Al-Qaeda_syuugeki_jiken_2015_10.jpg

0021_Paris_Charlie_Hebdo_Al-Qaeda_syuugeki_jiken_2015_11.jpg

0021_Paris_Charlie_Hebdo_Al-Qaeda_syuugeki_jiken_2015_12.jpg

0021_Paris_Charlie_Hebdo_Al-Qaeda_syuugeki_jiken_2015_13.jpg

0021_Paris_Charlie_Hebdo_Al-Qaeda_syuugeki_jiken_2015_14.jpg

0021_Paris_Charlie_Hebdo_Al-Qaeda_syuugeki_jiken_2015_15.jpg

0021_Paris_Charlie_Hebdo_Al-Qaeda_syuugeki_jiken_2015_16.jpg


 2016/01/07報  
















































 2016/01/11報  





















【主報】 【パリ週刊紙本社銃撃事件】 (2015/01/08-01:29)
 フランスの風刺週刊紙シャルリー・エブドの本社に武装犯が侵入し銃撃、警官、編集長、風刺漫画担当記者ら12人が死亡、犯人は国際テロ組織アルカイダを名乗る



 【パリ時事】フランスの風刺週刊紙シャルリー・エブドのパリの本社に7日午前11時半(日本時間午後7時半)ごろ、覆面をかぶった複数の武装犯が押し入り、職員らを銃撃した。仏メディアによると、警官2人と編集長、風刺漫画担当記者ら計12人が死亡、約20人が負傷した。現場に急行したオランド大統領は、記者団に「間違いなくテロだ」と断定。犯人は車で逃走しており、仏当局は最高レベルの厳戒態勢を敷いて行方を追っている。

 7日発売の同紙には、イスラム過激組織を挑発するようなイラストが掲載されていた。犯人が国際テロ組織アルカイダを名乗り、逃走する際に「(イスラム教の預言者)ムハンマドへの侮辱に報復した」と叫んでいたとの目撃情報もあることから、イスラム過激組織による犯行の疑いが強まっている。オランド大統領は「どこまでも犯人を追い掛け、裁きを受けさせる」と強調した。

 同紙は過去にムハンマドを題材にした風刺画を掲載。2013年には「ムハンマドの生涯」と題した漫画を出版した。たびたびイスラム団体から批判を受け、11年には火炎瓶を投げ付けられて事務所が全焼している。同紙への脅迫はその後も続き、当局も警戒していただけに、警備態勢の不備を追及される可能性もある。

 現場はパリ中心部のバスティーユ駅から北に約400メートルの地域。事件当時は週1回の編集会議を開催中で、犯人が何らかの方法で内部情報を入手した可能性が高いとの見方もある。犯人は車で現場に到着。事件後に乗り捨て、別の車を奪って東方面に逃走したもようだ。

 当局は事件を受け、イスラム教のフランスへの浸透を題材にした書籍の出版を予定している他の出版社周辺の監視を強化。パリの学校では遠足などの行事を中止し、児童が校内で待機する措置が取られた。仏政府は閣僚級会議を開き、今後の対応を協議した。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015010700877&g=int

【前報】 【パリ週刊紙本社銃撃事件】 (2015/01/08-00:14)
 パリ中心部で警戒続く、犯人は逃走中も路上で発砲続ける



 【パリ時事】白昼のパリ中心部に銃声が繰り返し響いた。武装犯に襲撃された風刺週刊紙シャルリー・エブドのビルなどが立ち並ぶ現場周辺では、ひび割れた窓に弾痕が生々しく残る。担架に載せられた負傷者が次々と運び出され、周辺には規制線が張られた。警察や救急車両が展開。武装した警官らが詰め掛けるなど物々しい警戒が続いた。

 放置された警察車両のフロントガラスには銃弾跡とみられる無数の穴が残り、逃走した犯人と警察の激しい銃撃戦をうかがわせた。

 週刊紙ビルの近くで働く男性は仏テレビに「自動小銃を持った黒いフードをかぶった2人組の男が建物に入った後、内側から銃声が何度も聞こえたので、屋根に避難した」と説明。「男らは逃走中も路上で発砲を続けた」と振り返った。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015010700940&g=int

【前報】 【パリ週刊紙本社銃撃事件】 (2015/01/08-00:36)
 デンマーク紙、銃撃事件を受け警備を強化、過去に風刺画を掲載



 【ロンドン時事】2005年にイスラム教預言者ムハンマドの風刺画を掲載したデンマーク紙ユランズ・ポステンは7日、パリでの仏週刊紙銃撃事件を受け、警備態勢を強化した。
 デンマークからの報道によると、ユランズ・ポステンは社員らへの電子メールで、首都コペンハーゲンなどにある社屋周辺での監視・警戒レベルを引き上げたと表明。「パリでの銃撃事件の状況を注視している」とも付け加えた。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015010800008&g=int





【続報】 【パリ週刊紙本社銃撃事件】 (2015/01/08-01:31)
 イスラム教スンニ派の最高権威機関アズハル、パリ週刊紙本社銃撃事件を非難



 【カイロ時事】エジプトにあるイスラム教スンニ派の最高権威機関アズハルは7日、パリで起きた銃撃事件を「犯罪的な攻撃」と非難し、「イスラムはいかなる暴力も糾弾する」と強調した。AFP通信が地元メディアを引用する形で伝えた。

 一方、ツイッター上には真偽不明だが、スンニ派過激組織「イスラム国」の関与をほのめかすようなメッセージが投稿された。メッセージは「これは報復の始まりにすぎない」と主張している。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015010800019&g=int

【続報】 【パリ週刊紙本社銃撃事件】 (2015/01/08-07:36)
 欧州各地で追悼集会、銃撃事件の犠牲者を悼む



 【ベルリン時事】パリの風刺週刊紙本社での銃撃事件を受け、欧州各地では7日夜、犠牲者を悼み、仏国民との結束をアピールする集会が開かれた。

 AFP通信によると、スペインのマドリードの仏大使館前には数百人が集まり、「言論の自由を」と声を上げた。地元の女性(27)は「野蛮な行為があっても、表現の自由は広がっていかなければならない」と訴えた。ロンドンの集会では、報道の自由を象徴するペンを掲げながら、フランス国歌を歌う人たちの姿もあった。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015010800093&g=int

【続報】 【パリ週刊紙本社銃撃事件】 (2015/01/08-11:41)
 容疑者1人が出頭、残る2人は依然逃走中、確保のため写真を公開



 【パリ時事】フランスの風刺週刊紙シャルリー・エブドのパリの本社が銃撃され、12人が死亡した事件で、犯行に必要な物資の調達などを手伝ったとみられるムラド・アミッド容疑者(18)が7日夜、仏北東部シャルルビルメジエールの警察署に出頭した。実行犯とされるパリ出身の兄弟、サイド・クアシ(34)、シェリフ・クアシ(32)の両容疑者は依然逃走中で、当局は身柄の確保へ写真を公表した。

 同紙はイスラム教の預言者ムハンマドを題材にした風刺画を繰り返し掲載。事件では犯行の手口が手慣れていたほか、犯人が現場で「ムハンマドへの侮辱に報復した」と発言したとの情報もあり、イスラム過激組織の関係者による犯行との見方が強まっている。シェリフ容疑者は、過去に過激組織メンバーのイラクへの渡航を手伝った前科があり、当局が関連を調べる。

 仏誌ルポワン(電子版)などによれば、銃撃はこの兄弟が実行。2人はいずれも黒い覆面をかぶりカラシニコフ自動小銃とみられる銃で武装していた。逃走時にはもう1人を加えた3人だったとの目撃情報もある。

 検察当局によると、実行犯は7日午前に車でシャルリー・エブドが入居するビルに到着し、受付にいた1人をまず殺害。その後3階の同社内に侵入して銃を乱射し、社内で警備に当たっていた警官1人や同社編集長ら計10人を死亡させた。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015010800241&g=int

【続報】 【パリ週刊紙本社銃撃事件】 (2015/01/08-14:27)
 風刺週刊紙シャルリー・エブドの漫画家ステファヌ・シャルボニエ氏「ひれ伏して生きるより立って死ぬ方がいい」「さまざまな宗教を風刺しているが激しい反発が起きるのはイスラム教だけ」



 【パリ時事】フランスの風刺週刊紙シャルリー・エブド本社の銃撃事件で死亡した同紙編集長の風刺漫画家、ステファヌ・シャルボニエ(通称シャルブ)氏(47)は、度重なる脅しにも動ぜずにイスラム過激主義を皮肉る漫画を描き続けた。生前は地元メディアに「ひれ伏して生きるより立って死ぬ方がいい」と語っており、最後まで妥協しない姿勢を貫いた。

 同紙はイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画をたびたび掲載。最近もイスラム過激主義者からとみられる脅迫が相次いでいた。7日発行の最新号に掲載されたシャルブ氏の漫画は仏国内のテロを題材とし、イスラム過激組織の活動家が「新年のあいさつは1月末までできる」と月内の実行を示唆する内容。図らずも「予言」が発行当日に現実となった。

 シャルブ氏は2012年の仏紙ルモンドのインタビューで、自身がさまざまな宗教を風刺しているにもかかわらず、激しい反発が起きるのはイスラム教だけだと指摘。「イスラム風刺がカトリック風刺並みに当たり前になるまで続ける」と語り、「私には子どもも妻もいない」と捨て身の覚悟で取り組む姿勢を強調していた。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015010800514&g=int

【続報】 【パリ週刊紙本社銃撃事件】 (2015/01/09-00:15)
 風刺週刊紙シャルリー・エブド、来週も予定通り発行する意向、100万部を印刷



 【パリAFP=時事】フランスの風刺週刊紙シャルリー・エブドのコラムニストの一人は8日、来週も予定通り14日に週刊紙を発行する意向を明らかにした。難を逃れたスタッフが8日に集まり、今後の運営について協議した。コラムニストは「(発行は)極めて厳しい。誰もが悲しみや恐怖に苦しんでいる。ただ、愚かな行為が勝利する結果にさせないために、とにかくやる」と述べた。

 事件で世界的な関心を集めたことから、来週の部数は大幅に増やす見込み。シャルリー・エブドの弁護士は100万部を印刷すると述べている。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015010900007&g=int

【続報】 【パリ週刊紙本社銃撃事件】 (2015/01/09-05:35)
 風刺週刊紙シャルリー・エブド最新号、ネットオークションで7万ユーロ(990万円)を超える高値に



 【パリAFP=時事】フランスの風刺週刊紙シャルリー・エブド最新号が、インターネット上の競売で7万ユーロ(約990万円)を超える高値を付けている。小説「素粒子」で知られる仏作家ミシェル・ウエルベックの風刺画を表紙にあしらった定価3ユーロ(約420円)の最新号は6万部印刷されたが、事件直後にあっという間に売り切れた。

 米ネット通販・競売大手イーベイでは最新号のほか、火炎瓶が投げ込まれ、シャルリー・エブドの事務所が炎上する原因となった2011年11月発行の号も出品され一時1万4000ユーロ(約200万円)の値を付けた。イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画が1面に掲載されたこの号の出品者は銃撃事件の被害者支援に寄付すると説明している。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015010900057&g=int

【外部リンク】
 更に続報・前報を読む


時事ドットコム 
記事検索: パリ 週刊紙 銃撃事件

産経ニュース
記事検索: パリ 週刊紙 銃撃事件

朝日新聞デジタル
記事検索: パリ 週刊紙 銃撃事件

»  書き込む :5


意見・感想・議論

post
  1. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/01/08(木) 12:56:43
    日本は平和だよなー
    右も左もネットでの中傷合戦しかしてないし
  2. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/01/09(金) 15:35:08
    10万人集会とか向こうは盛り上がってるね
    日本でイスラムテロが起きるのはいつになるか
  3. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/01/09(金) 20:00:13
    事件より、都合よくビデオを撮っていた奴がいたのが気になる
  4. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/01/09(金) 22:13:04
    銃撃が始まってから驚いてカメラ回しただけじゃね?
    スマートフォンがあれば誰でも撮れるし
  5. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/01/10(土) 15:48:34
    カメラの映像がなかったら逃げ切れてたのかね?
Comment form

トラックバック

Trackback URL