JR神田-秋葉原間の線路敷地内で架線の支柱が倒れる、山手線と京浜東北線が9時間半にわたり一部区間が運休、41万人に影響






























































































【主報】 (2015/04/12-22:01)
 JR神田-秋葉原間の線路敷地内で架線の支柱が倒れる、山手線と京浜東北線が9時間半にわたり一部区間が運休、41万人に影響



 12日午前6時10分ごろ、東京都千代田区神田須田町のJR神田-秋葉原間の線路敷地内で、架線の支柱が倒れているのを京浜東北線の運転士が発見した。この影響で、山手線と京浜東北線が約9時間半にわたり、一部区間で運転を見合わせた。けが人はいなかった。倒れた支柱は山手線内回りの線路に接触しており、気付かずに山手線の電車が通過した場合、脱線事故が起きた可能性もあった。

 午後3時50分ごろ全線が復旧したが、運行本数は終日、通常の半数程度になり、41万人が影響を受けた。13日は始発から通常運転の予定。

 JR東日本によると、現場は高架の上で、秋葉原駅から神田駅方向に約250メートルの地点。鋼鉄製の支柱2組計4本(いずれも高さ約7メートル)が、山手線の内回りと外回りの線路の間で倒れたり、傾いたりしているのが見つかった。

 2組の支柱はケーブルで連結されており、架線がたるまないよう、横向きに5トン近い力で引っ張られていた。JR東が3月25日に行った工事で、うち1組と別の柱とを結ぶ部品を撤去したため、この1組の強度が低下して倒壊し、もう1組も傾いた可能性がある。

 JR東は10日に支柱の傾きを確認し、13日に対策工事を計画していた。11日夜にも運転士から「傾いている」と指摘があったという。

 記者会見した福田泰司常務は、脱線事故の恐れがあったことを認めた上で、「多くのお客さまにご迷惑をかけ、深くおわびする」と謝罪した。今後、約5万カ所ある同じ構造の支柱を中心に緊急点検を進める。

 国土交通省関東運輸局は12日夜、工事のやり方などの背景も含め、原因を究明するよう求めた警告文書を同社幹部に手渡した。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201504/2015041200099&g=soc

【続報】 (2015/04/13-12:07)
 JR東日本、2日前から支柱の傾きを認識も対応せず



 東京都千代田区のJR線神田-秋葉原間で12日、線路脇の支柱が倒壊し、山手線の線路に接触した問題で、JR東日本が支柱の傾きを2日前に確認したのに、その場で応急措置などをしていなかったことが13日、同社への取材で分かった。同社は「対策工事までは大丈夫だと判断した」と釈明している。同社は同日午前から、管内にある支柱の緊急点検を本格化させた。

 JR東によると、現場付近で工事をしていた同社社員らが10日夜、問題の支柱2組が傾いていることを確認。傾きはわずかだったといい、その段階ではすぐに倒れることはないと判断。応急措置は施さず、13日夜に対策工事を実施することにした。

 11日にも現場を通った山手線の運転士から「支柱が傾斜している」と報告を受けたが、1件だけだったため、12日の一番列車に担当者が乗り込み、通過時に目視点検するにとどまった。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201504/2015041300268&g=eco

»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL