ケニア東部ガリッサの大学を武装集団が襲撃、国際テロ組織アルカイダ系のイスラム過激派アルシャバーブが犯行声明、学生147人が死亡、犯人らは自爆、事件の首謀者に2600万円の賞金


0181_IS_Kenya_University_syuugeki_201504_02.jpg

0181_IS_Kenya_University_syuugeki_201504_03.jpg

0181_IS_Kenya_University_syuugeki_201504_04.jpg

0181_IS_Kenya_University_syuugeki_201504_05.jpg

0181_IS_Kenya_University_syuugeki_201504_06.jpg

0181_IS_Kenya_University_syuugeki_201504_b_01.jpg

0181_IS_Kenya_University_syuugeki_201504_b_02.jpg

0181_IS_Kenya_University_syuugeki_201504_b_03.jpg

0181_IS_Kenya_University_syuugeki_201504_b_04.jpg

0181_IS_Kenya_University_syuugeki_201504_c_01.jpg

0181_IS_Kenya_University_syuugeki_201504_c_02.jpg

0181_IS_Kenya_University_syuugeki_201504_c_03.jpg

0181_IS_Kenya_University_syuugeki_201504_c_04.jpg

0181_IS_Kenya_University_syuugeki_201504_c_05.jpg

【主報 (2015/04/03-07:06)
 ケニア東部ガリッサの大学を武装集団が襲撃、国際テロ組織アルカイダ系のイスラム過激派アルシャバーブが犯行声明、学生147人が死亡、犯人らは自爆、事件の首謀者に2600万円の賞金



 【ロンドン時事】ケニア東部ガリッサの大学を武装集団が襲撃、立てこもった事件で、政府は2日、死者が学生ら少なくとも147人に達したことを明らかにした。AFP通信が伝えた。同国で起きたテロとしては、1998年に米大使館が国際テロ組織アルカイダによって爆破され200人以上が死亡した事件以来の惨事となった。

 ケニア軍部隊は2日夕、武装集団4人が立てこもる学生寮に突入した。その際、爆発物を身に付けていた4人はいずれも自爆し、事件は2日早朝の発生から約16時間ぶりに終結した。負傷者も少なくとも79人に上った。

 襲撃について隣国ソマリアのアルカイダ系イスラム過激派アルシャバーブが犯行を認めている。ケニア政府は同組織の幹部モハメド・モハマド容疑者を事件の首謀者と断定した。英BBC放送によれば、同容疑者は2007年までガリッサのイスラム教系学校で校長を務めていた。同容疑者の逮捕につながる情報に政府は2000万ケニア・シリング(約2600万円)の賞金を懸けている。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201504/2015040300041&g=

【続報】 (2015/04/03-15:52)
 ケニア大統領「世界のいかなる国と比べても同じぐらい安全だ」、テロの前日に豪語



 【ロンドン時事】ケニア東部ガリッサで大学がソマリアのイスラム過激派アルシャバーブの武装集団に襲撃され147人が死亡した事件は、国内の安全をアピールして観光や投資の回復を目指していたケニヤッタ大統領にとっては面目を完全につぶされる痛打となった。治安維持への甘い姿勢が改めて露呈し、内外の批判が強まりそうだ。

 AFP通信によれば、大統領は事件前日の1日、ケニアは「世界のいかなる国と比べても同じぐらい安全だ」と豪語したばかりだった。しかし、実態はその言葉とは程遠かった。

 ロイター通信によれば、ソマリア国境から150キロしか離れていないガリッサではテロリストと疑われる不審な人物が目撃されており、大学が近いうちに襲われるのではないかと警告する向きもあったという。

 それにもかかわらず、英BBC放送によると、大学を警備していたのは校門にいた武装警官2人だった。その2人も犯行グループに直ちに射殺された。大統領は事件を受け、治安要員の不足を認め、警察官1万人を徴募する方針を示したが、付け焼き刃の感は否めない。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201504/2015040300482&g=int

【続報】 (2015/04/04-10:07)
 襲撃関与の容疑者5人を逮捕、死者は148人に



 米CNNテレビ(電子版)によると、ケニア東部ガリッサの大学を武装集団が襲撃した事件で、ケニアのヌカイセリ内相は3日、警察が容疑者5人を逮捕したことを明らかにした。

 CNNによると、3日に行われた大学の捜索で、ベッドの下に隠れていた男1人を当局が容疑者として拘束したという。捜索では隠れていた3人の学生も発見された。3人は複数の遺体の下や、衣装だんす、トイレにそれぞれ隠れていた。

 一方、AFP通信によると、事件の死者は1人増え、148人となった。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201504/2015040400086&g=

【主報】 (2015/04/04-17:15)
 イスラム過激派アルシャバーブ、ケニアでさらなるテロを予告する声明



 【モガディシオAFP=時事】ソマリアを拠点とする国際テロ組織アルカイダ系のイスラム過激派「アルシャバーブ」は4日、ケニア国民を狙ったさらなる攻撃を予告する声明を出した。アルシャバーブは2日、ケニア東部ガリッサで大学を襲撃し、148人を殺害している。

 声明は「ケニア政府が抑圧をやめるまで、われわれは手段を選ばず、イスラムの兄弟たちの死に報復する」と宣言。「ケニアの都市は血に染まる。ケニア国民が最初の犠牲者だ」と主張し、学校や大学のほか、職場や個人宅にも攻撃を加えると警告した。

 また、ガリッサでの大学襲撃について、声明は「標的は非イスラム教徒だけだった。不信心者(非イスラム教徒)の処刑に先立ち、イスラム教徒は全員、安全に避難させた」と強調した。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201504/2015040400166&g=

【続報】 (2015/04/05-06:37)
 「生き残りたければ部屋を出ろ」と学生をだまして処刑か



 【ニューヨーク時事】ケニア東部ガリッサの大学が2日未明、国際テロ組織アルカイダ系イスラム過激派に襲撃され、約150人が死亡した事件で、過激派は学生寮で「生き残りたければ部屋から出ろ」とだまし、これに従った学生多数を「処刑」したとみられることが分かった。4日付の米紙ニューヨーク・タイムズが死を免れた学生らの話として報じた。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201504/2015040500017&g=

【続報】 (2015/04/05-21:34)
 実行犯4人のうち1人をナイロビ大学法学部卒のソマリア系ケニア人と特定



 【ナイロビAFP=時事】ソマリアのイスラム過激派アルシャバーブがケニア東部ガリッサの大学を襲撃した事件で、ケニア内務省報道官は5日、現場で死亡した実行犯4人のうちの1人をソマリア系ケニア人と特定したと発表した。

 報道官によると、ナイロビ大学法学部卒のアブディラヒム・アブドゥラヒ容疑者で、周囲から「前途有望な弁護士になる」と評されていた。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201504/2015040500200&g=int

【続報】 (2015/04/06-20:10)
 ケニア軍、ソマリア南部ゲド州にあるイスラム過激派アルシャバーブの基地に空爆、大学襲撃の報復として



 【ロンドン時事】ケニア空軍は5日、ソマリア国内にあるイスラム過激派アルシャバーブの基地に空爆を加えた。AFP通信が軍当局者の話として6日伝えた。ケニア東部ガリッサの大学を襲撃したアルシャバーブに対し、軍が初めて本格的な報復攻撃を行った。

 軍当局者によると、複数の戦闘機が出動、ケニアとの国境に近いソマリア南部ゲド州にあるアルシャバーブの基地2カ所に空爆を加え、「破壊した」という。これらの基地は、ケニアで襲撃を実行したアルシャバーブの要員が拠点としていたとみられる。

 2日の大学襲撃事件では、武装集団が銃を乱射し、学生ら148人が死亡。200人以上の犠牲者を出した1998年の在ケニア米大使館爆破事件以来、最悪の惨事となり、ケニヤッタ大統領は「可能な限り過酷なやり方で」対処すると誓っていた。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201504/2015040600663&g=

»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL