アイベックスエアラインズ(IBEX)の航空機の主翼が成田空港への着陸時に滑走路と接触、強風にあおられたか


0177_IBEX_Airlines_14th_Narita_Airport_chakuriku_jiko_201504_01.jpg

0177_IBEX_Airlines_14th_Narita_Airport_chakuriku_jiko_201504_02.jpg

0177_IBEX_Airlines_14th_Narita_Airport_chakuriku_jiko_201504_03.jpg

0177_IBEX_Airlines_14th_Narita_Airport_chakuriku_jiko_201504_04.jpg

0177_IBEX_Airlines_14th_Narita_Airport_chakuriku_jiko_201504_05.jpg

0177_IBEX_Airlines_14th_Narita_Airport_chakuriku_jiko_201504_06.jpg

【主報】 (2015/04/03-19:49)
 アイベックスエアラインズ(IBEX)の航空機の主翼が成田空港への着陸時に滑走路と接触、強風にあおられたか



 3日午後4時半ごろ、成田空港で航空機の着陸後点検を行ったアイベックスエアラインズ(IBEX)の関係者から「到着機の右主翼に擦過痕が見つかった」と成田国際空港会社に連絡があった。同社がB滑走路(2500メートル)を閉鎖して点検したところ、中央付近に長さ約3.5メートル、幅約10センチのこすったような跡が見つかった。

 同空港では同日午後、強い南西の風が吹いており、IBEXは機体が風にあおられて翼の端が滑走路に接触した可能性があるとみて調べている。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201504/2015040300762&g=soc

»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL