ルフトハンザドイツ航空系の格安航空会社「ジャーマンウイングス」のエアバスA320型機がフランス南東部のアルプス山脈に墜落、乗客乗員150人の生存は絶望視


























































































































































































































































































































































































































【主報】 (2015/03/25-01:12)
 ルフトハンザドイツ航空系の格安航空会社「ジャーマンウイングス」のエアバスA320型機がフランス南東部のアルプス山脈に墜落、乗客乗員150人の生存は絶望視



 【ロンドン=内藤泰朗】ルフトハンザドイツ航空系の格安航空会社「ジャーマンウイングス」のスペイン・バルセロナ発ドイツ・デュッセルドルフ行きエアバスA320が24日午前(日本時間同日夜)、フランス南東部のアルプス山脈に墜落した。同社によると同機には乳児2人を含む乗客144人と操縦士2人、客室乗務員4人の計150人が搭乗していた。外務省によると搭乗者名簿に日本人とみられる2人の名前があり、確認を急いでいる。

 現地入りしたカズヌーブ仏内相は会見で「生存者は見つかっていない」と述べ、300人態勢で捜索していることを明らかにした。オランド仏大統領も生存者はいないとの見方を示した。現地の仏警察当局は遺体の回収に数日かかるとの見通しを明らかにした。

 墜落機にはドイツ人が67人搭乗していたとみられ、独当局によると高校生16人と引率の教師2人も含まれるという。また搭乗者名簿にはスペイン人とみられる45人の名前が含まれているほか、トルコ国籍の乗客がいたとの情報もある。

 米政府は仏独スペイン各政府と情報交換しており、米国家安全保障会議(NSC)のミーハン報道官は24日の声明で、テロの可能性は低いとの見方を示した。

 仏高官などによると、墜落現場は仏南東部ニースから北西約100キロのディーニュ・レ・バンとバルスロネットの中間付近。アルプス山脈の標高2千メートル付近で墜落機の残骸の一部が発見されたが、現場はヘリコプターなどでしか接近できない山岳地という。

 ジャーマンウイングスによると、同機はバルセロナを現地時間午前10時1分(日本時間午後6時1分)に離陸。午前11時45分にデュッセルドルフに到着予定だったが、10時45分に正規の航行高度に達した直後から約8分間にわたって高度を急激に下げ、同53分に消息を絶った。同機は運航開始から24年が経過していたとされる。

 メルケル独首相は25日に現場周辺の地域に向かう意向を示した。

産経ニュース
http://www.sankei.com/affairs/news/150324/afr1503240038-n2.html

【続報】 (2015/03/25-01:02)
 目撃者「けたたましいエンジン音が聞こえた後、衝撃と爆発が響いた。その後は、油と思われる臭いが強烈に漂ってきた」



 【パリ時事】耳をつんざくエンジン音、強烈な油の臭い。フランス南東部の山間部に24日墜落した旅客機。目撃した住民は、墜落直前に高度2000メートル前後まで急降下した異常な飛行の様子を目の当たりにした。

 セバスチャン・ジルさんは民放BFMテレビに対し、「機体からは煙も何も出ていなかった」と証言。「あの高さでは山を越すのは無理だと思った」と語った。

 南東部ベルネに住むエブリン・バイルさんも国営テレビの電話取材に「けたたましいエンジン音が聞こえた後、衝撃と爆発が響いた。その後は、油と思われる臭いが強烈に漂ってきた」と振り返った。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_date3&k=2015032500015

【続報】 (2015/03/25-06:22)
 墜落現場は標高1500メートル級のアルプス山脈の山中、黒焦げの山肌に細かく砕け散った無数の残骸



 【パリ時事】ドイツの航空会社ジャーマンウィングスの旅客機墜落で、現場となったフランス南東部の山岳地帯では24日の墜落直後から、救助隊による活動が本格化した。地元テレビが放送した上空からの映像には、黒焦げの山肌に細かく砕け散った無数の残骸が映し出され、多くの人命を一瞬にして奪った墜落の惨状を物語っていた。

 現場は標高1500メートル級のアルプス山脈の山中。周囲には残雪や樹木も見られるが、機体が墜落した場所は草木のない岩場のような所だ。最も近い道からでも数キロ離れているとされ、陸路での到達は極めて困難。ヘリコプターでしか容易には近づけない。

 現地メディアは救助隊の規模を600人態勢と伝えたが、映し出された人の数はまばら。山岳救難活動に耐えられるよう特殊な装備に身を包み、急な斜面に吸い付くように懸命の捜索を続けた。

 谷筋には白い機体の破片に加え、乗客の手荷物とみられる赤やピンクの残骸も広範囲に散らばっていた。25日以降も夜明けから捜索・救助活動を続けるが、乗客乗員150人の生存は絶望視されている。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_date3&k=2015032500067

【続報】 (2015/03/25-20:37)
 オペラ歌手2名が搭乗、犠牲になったとみられる



 【モスクワ時事】ロシアのメディアは25日、フランス南東部で起きたドイツの旅客機墜落で、旧ソ連カザフスタン出身のオペラ歌手オレク・ブリジャク氏と、ドイツ人のオペラ歌手マリア・ラドナーさんが搭乗しており、犠牲になったとみられると伝えた。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_date3&k=2015032500926

【続報】 (2015/03/25-21:18)
 8分間で1万メートル急降下、急減圧で操縦士が意識を失ったとの見方も



 【パリ、ベルリン時事】フランス南東部で起きたドイツのエアバスA320型旅客機の墜落事故で、同機は約8分間で1万メートル近く急降下し、遭難信号も出していなかった。急な減圧で操縦士が意識を失ったとの見方も出ているが、突然の急降下の原因ははっきりしておらず、事故調査の焦点の一つとなりそうだ。

 ジャーマンウィングス社や米CNNテレビ(電子版)によると、事故機は現地時間午前10時1分(日本時間午後6時1分)にスペイン・バルセロナを出発。巡航高度の約1万1600メートルに達してすぐ急降下を始め、約8分後の10時53分(同6時53分)に高度約1800メートルで消息を絶った。

 独誌シュピーゲル(電子版)は墜落原因の一つとして、コックピットの急激な減圧により、操縦士が意識を失ったとの見方を紹介。こうした状況なら、管制塔との連絡が取れなくなった理由の説明もつく。

 同誌は、2014年にスペイン・ビルバオ発独ミュンヘン行きのエアバスA321型機の機器が、何らかの不具合で急激に冷えた影響により機体の角度が誤って認識され、急降下を始めたケースを報じた。このときは操縦士が手動操作に切り替え、難を逃れたという。

 事故現場上空を数十回飛行した経験のある機長はAFP通信に対し、「山脈を前に降下するなどプロの操縦士の正常な行動ではない。操縦士が制御できない状態だったことを意味するのだろう」と分析。「有害な煙が発生するような火災などによってコックピットを出ざるを得なくなり、(機体が)降下した可能性はある」と語った。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_date3&k=2015032500848

【続報】 (2015/03/26-00:44)
 ツイッターで搭乗者を中傷する投稿、スペイン政府が捜査開始



 【マドリードAFP=時事】スペイン政府は25日、ドイツ旅客機の墜落事故に絡み、ツイッターに搭乗者を中傷する投稿があったとして、捜査に着手したと明らかにした。スペインではソーシャルメディアでのヘイトスピーチ(憎悪表現)は、刑事罰を科される可能性がある。

 ツイッター上では事故後、墜落機の搭乗者について「奴らが全員ドイツ人やカタルーニャ人だとしたら、これのどこが悲劇なんだ?」といった投稿があった。投稿の多くは、墜落機が出発したバルセロナがあるスペイン東部カタルーニャ地方の住民を標的にしている。

 政府高官は記者会見で、こうした投稿が「残酷な表現というだけでは済まされず、犯罪を構成しかねない」と強調した。独自の文化を持ち独立運動が盛んなカタルーニャは、スペインのそれ以外の地方の住民から中傷やからかいの対象とされることが多い。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_date2&k=2015032600012

【続報】 (2015/03/26-02:04)
 捜索活動は難航、消防や警察は捜索活動を再開、現場は険しい山岳地帯で機体の残骸が広範囲にわたって散乱



 【パリ時事】フランス南東部でのドイツ旅客機墜落で、フランス当局は25日、現場から回収したブラックボックスをパリに運び、事故原因の解明に向けた作業を本格化させた。墜落直前に事故機が急降下した原因の解明が焦点となる。一方、消防や警察は捜索活動を再開したが、現場は険しい山岳地帯で、機体の残骸が広範囲にわたって散乱しているため、作業は難航しているもようだ。

 24日にスペイン・バルセロナからドイツ・デュッセルドルフに向かう途中で墜落した格安航空ジャーマンウィングスのA320型旅客機(乗客乗員150人)は、墜落直前、8分間で約1万メートルも急降下した。

 カズヌーブ仏内相は地元メディアに対し、「テロの可能性には注目していない」とテロ説を否定。親会社のルフトハンザは「機体は完全な状態にあった」と指摘、事故原因は「説明がつかない」としている。

 AFP通信によれば、現場から回収されたブラックボックスは「ボイスレコーダー」で、一部損壊しているが、解析作業には大きな支障はないとされる。

 一方、多数の国民が犠牲になったとみられているドイツのメルケル首相とスペインのラホイ首相は25日、オランド仏大統領と共に現場近くを訪問した。3首脳は現地の対策担当者らから説明を受け、墜落原因の徹底究明に取り組む姿勢を示した。

 旅客機にはドイツ人少なくとも72人が乗っていたとみられる。メルケル首相は記者会見で、「ここで起きたことをできる限り明らかにするために全力を尽くす」と強調。オランド大統領は遺体の収容と遺族への引き渡しに懸命に取り組むと約束した。

 独メディアによると、修学旅行でスペインに滞在していた独西部ハルテルン・アム・ゼーの高校生16人が墜落機に搭乗していたと伝えられ、地元はショックに包まれた。市長は「市の歴史において最も暗い日であることは間違いない」と語り、家族や関係者のケアに努める方針を示した。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_date2&k=2015032500640

【続報】 (2015/03/26-09:14)
 墜落機のボイスレコーダーを回収、音声データの確保に成功



 【パリ時事】フランス南東部でのドイツ旅客機墜落事故で、仏航空事故調査局(BEA)のジュティ長官は25日、記者会見し、回収された事故機のボイスレコーダーから「利用可能なデータ」を取り出すことができたと明らかにした。墜落原因解明に向けた最低限の手掛かりは確保できた形で、今後解析が進められる。

 「データ」にはコックピット内での操縦士のやりとりや物音が含まれている。焦点となっている墜落直前の急降下がなぜ起きたかについて、何らかの判断材料が見つかることも考えられる。

 ジュティ長官は、データの分析にはまだ着手しておらず、事故原因を推定できる段階にはないと指摘。一方で、旅客機が墜落前に爆発した可能性はないとの見方を示した。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_date2&k=2015032600073

【続報】 (2015/03/26-12:14)
 操縦士の一人、ドアがロックされコックピットに戻れず、ボイスレコーダーにドアを破ろうとする音が記録



 【ニューヨーク時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は25日、フランスでのドイツ旅客機墜落事故の調査に関与している軍高官の話として、回収されたボイスレコーダーの分析から、2人の操縦士のうち1人が旅客機が急降下を始める前にコックピットを離れ、ドアがロックされて戻れなかったとみられることを明らかにした。

 高官によれば、スペイン北東部バルセロナから離陸後しばらくは2人の操縦士は「非常に円滑で冷静な会話」を交わしていた。だが、操縦士の1人がいったんコックピットを離れ、戻ろうとした際、ドアを軽くノックしても中から応答はなく、強くたたいても無反応だった。最後にはドアを破ろうとする音がレコーダーに記録されているという。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_date2&k=2015032600433

【続報】 (2015/03/26-23:44)
 副操縦士、機長を操縦室から閉め出し、意図的に墜落させた疑い



 【パリ時事】フランス南東部のドイツ旅客機墜落で、仏検察当局は26日、副操縦士が1人で操縦し、意図的に墜落させたとみられると発表した。当局は「テロの根拠はない」と説明している。乗客乗員150人が犠牲となった惨事は副操縦士による犯行の可能性が浮上し、捜査は新たな局面を迎えた。今後は故意に墜落させた動機や背景が焦点となる。

 意図的に墜落させたのは28歳のドイツ人男性のアンドレアス・ルビッツ副操縦士。マルセイユ検察のブリス・ロバン検事は記者会見で、回収したボイスレコーダーの解析などから、機長が墜落の約10分前にトイレに行くため操縦室を出たと指摘。機長は操縦室に戻ろうとしたが、副操縦士はドアを開けることを拒否し、機体の降下ボタンを押したもようだ。乗客らは墜落の際に即死したとみられる。

 異変に気づいた管制が何度も同機と連絡を取ろうと試みたが、ロバン検事は「返答は一切なかった」と強調。その上で、「副操縦士は機長が不在になった機会を生かし、意図的に飛行機を破壊しようとした」と指摘した。検察当局は殺人容疑も視野に捜査する方針。

 墜落機を運航していた格安航空会社ジャーマンウィングスの親会社ルフトハンザ航空によれば、副操縦士は2013年9月に採用され、飛行時間は630時間。ただ訓練期間中に数カ月間の中断があったが、その理由には言及しなかった。機長は10年以上のキャリアがあり、エアバス機での飛行経験は6000時間を超えていた。

 飛行記録が刻まれたフライトレコーダーは容器が見つかったが本体は発見されておらず、険しい山岳地帯での捜索は難航。当局はボイスレコーダーのさらなる解析や、事故現場の捜索を急ぐ。

 旅客機は24日、スペイン北東部バルセロナを離陸した後、独デュッセルドルフへ向かう途中、墜落した。乗客乗員150人の生存は絶望視されている。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_date2&k=2015032601006

【続報】 (2015/03/27-00:28)
 副操縦士、穏やかな性格で、テロや自殺への願望もうかがえず



 【ベルリン時事】ドイツ旅客機を意図的に墜落させたとみられているアンドレアス・ルビッツ副操縦士(28)。報道によれば、穏やかな性格で、最近、特に落ち込んだ様子はなく、テロや自殺への願望もうかがえなかったという。

 副操縦士は墜落機を運航していた独格安航空会社ジャーマンウィングスで2013年9月から勤務していた。英紙によると、知人男性は「彼は同社で仕事を得られて喜んでいた。順調にやっていたと思う」と説明。性格については「とても物静か」だったが、人懐っこい一面もあったと振り返った。

 副操縦士は独西部の町モンタバウアーで両親と住んでいた。小さい頃から操縦士になるのが夢で、10代の時にグライダーの免許を取得。旅客機の操縦士になるチャンスをつかみ、仕事に「夢中だった」(独テレビ)と周囲から見られていた。

 ジャーマンウィングスの親会社ルフトハンザ航空の代表は26日の記者会見で、副操縦士が08年に操縦士の訓練を開始した後、「数カ月間の中断」があったと述べたが、記者の質問にも理由は明らかにしなかった。ただ、「医学的検査だけでなく、(操縦士になるための)全ての試験に合格し、操縦能力は申し分なかった」と強調した。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_date1&k=2015032601088

【続報】 (2015/03/27-07:03)
 乗客家族ら300人が墜落現場を訪れる



 【パリ時事】フランス南東部のドイツ旅客機墜落で、乗客の家族ら約300人が26日、墜落現場付近のルベルネなどを訪れた。

 AFP通信によると、家族は7台のバスに分かれて到着。遺体が安置された建物を訪れ、犠牲者の出身国の国旗を前に黙とうをささげた。バスから降りたとたんに泣き崩れ、赤十字の職員に支えられる年老いた男女の姿もみられた。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_date1&k=2015032700087

【続報】 (2015/03/27-10:12)
 捜査当局、副操縦士の行動解明に向け本格捜査を開始



 【パリ、ベルリン時事】フランス南東部で起きたドイツ旅客機墜落をめぐり、仏独の捜査当局は26日、飛行機を意図的に墜落させたとみられるアンドレアス・ルビッツ副操縦士(27)の行動の解明に向け本格捜査を開始した。副操縦士が過去に訓練を一時中断していたことに関して「燃え尽き症候群というか、落ち込んでいたようだ」と元同級生の母親の話も伝えられている。

 燃え尽き症候群は、強い意欲を持ち集中的な努力で前向きな生き方を実現していた人物が突如、極度の疲労や達成感の低さを感じる現象で、うつ病の一種と捉える見方もある。副操縦士は生前「(仕事に)夢中だった」という証言もある。

 独当局は26日、西部モンタバウアーの副操縦士自宅など複数の関係先を捜索した。副操縦士の知人らは独メディアに「テロや自殺の兆候はみられなかった」と証言しているが、当局は親族らの聴取などを通じ副操縦士の言動に不自然な点がなかったかを調べる。

 メルケル独首相は26日の記者会見で、副操縦士の意図的な犯行だったとみられることについて「信じられず、理解の限度を超えている」と非難。その上で「さまざまな観点から徹底的に捜査する」と真相解明に全力を挙げる意向を強調した。

 墜落をめぐっては操縦室の厳重な入室管理の問題点も浮かび上がった。一般的な旅客機の操縦室ではハイジャック犯などの侵入を防ぐため、中の操縦士の承認がなければ扉が開かないシステムを採用。墜落機では操縦室を出た機長が副操縦士に入室を拒まれ、機体の降下を阻止できなかった。このため、航空各社は26日、相次いで防止策を発表し、安全性をアピールした。

 AFP通信によると、カナダやノルウェーなどの航空会社が発表した対策はいずれも、2人の操縦士のうち1人が操縦室を退出する場合は他の乗員が代わりに入室するルールを設ける内容。ドイツ航空協会(BDL)も、操縦室内の常時2人体制義務化を要求している。操縦士を常にもう1人の監視下に置くことで異常な行動を起こしにくくするのが狙いだ。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_date1&k=2015032700077

»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL