チュニジア首都チュニスのバルドー博物館で観光客を標的にした銃撃事件が発生、19人が死亡、22人が負傷


0157_Tunis_hakubutsukan_terrorism_201503_02.jpg

0157_Tunis_hakubutsukan_terrorism_201503_03.jpg

0157_Tunis_hakubutsukan_terrorism_201503_04.jpg

0157_Tunis_hakubutsukan_terrorism_201503_05.jpg

0157_Tunis_hakubutsukan_terrorism_201503_06.jpg

0157_Tunis_hakubutsukan_terrorism_201503_07.jpg

0157_Tunis_hakubutsukan_terrorism_201503_b_01.jpg

0157_Tunis_hakubutsukan_terrorism_201503_b_02.jpg

0157_Tunis_hakubutsukan_terrorism_201503_b_03.jpg

0157_Tunis_hakubutsukan_terrorism_201503_c_01.jpg

0157_Tunis_hakubutsukan_terrorism_201503_c_02.jpg

0157_Tunis_hakubutsukan_terrorism_201503_c_03.jpg











































































































































































































































【主報】 (2015/03/19-01:51)
 チュニジア首都チュニスのバルドー博物館で観光客を標的にした銃撃事件が発生、19人が死亡、22人が負傷



 【カイロ時事】チュニジアの首都チュニスで18日、武装集団が国会議事堂と国立バルドー博物館の敷地内で観光客を襲撃した。シド首相は記者会見で、欧州人観光客17人とチュニジア人2人が死亡し、少なくとも22人が負傷したことを明らかにした。病院関係者は負傷者リストの中に日本人1人の名前が含まれていることを明らかにした。日本大使館は確認を急いでいる。

 博物館内には一時、多数の観光客が取り残され、一部が人質になったが、その後の治安部隊による救出作戦で全員が解放された。内務省によると、治安部隊は作戦で武装集団の2人を殺害し、治安部隊側の1人も犠牲になった。

 シド首相によると、武装集団の2人は軍服を着用。敷地内に入り、バスから降りた観光客らに銃撃を加えたという。その後、博物館内に居合わせた観光客の一部を人質に取った。治安当局は、ほかにも少なくとも3人が襲撃に関与したとみて、捜査している。

 バルドー博物館はモザイク画で世界的に有名で、チュニスの主要な観光地となっている。犠牲になったのはスペイン人、ドイツ人、イタリア人、ポーランド人。

 事件発生時、数百人が敷地内にいた。地元テレビの映像では、敷地に入った治安要員が銃を構える中、大勢の人々が走って外に脱出する場面が映し出された。

 武装集団の正体は不明。チュニジアではこれまでに過激派組織「イスラム国」に共鳴する若者ら数千人が、同組織が活動するシリアなどに渡航した。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date1&k=2015031800956

【続報】 (2015/03/19-10:50)
 襲撃があったバルドー博物館、ローマ時代のモザイク画などを大量に展示されており、「チュニジアのルーブル博物館」とも呼ばれ観光名所として知られる



 アフリカ最北端にあるチュニジアは南部に広がるサハラ砂漠やカルタゴ遺跡などの世界遺産が人気で、映画「スター・ウォーズ」シリーズのロケ地としても知られる。事件のあった首都チュニスのバルドー博物館は「旅行者が必ず訪れる観光の目玉」(海外旅行業者)だった。

 バルドー博物館は国内各地の遺跡から集められたローマ時代のモザイク画などが大量に展示され、「チュニジアのルーブル博物館」とも呼ばれる観光名所。オスマン帝国時代の宮殿が建物に利用されていることでも知られる。

 外務省によると、チュニジアの人口は約1000万人で、98%がアラブ人。1年を通して温暖な気候で、3月は観光のベストシーズンだった。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date1&k=2015031900274

【続報】 (2015/03/19-10:57)
 日本政府、邦人3人の死亡と3人の負傷を確認、日本人がテロ事件の犠牲になるのは1997年にエジプトで発生した銃撃事件以来



 【カイロ時事】チュニジアの首都チュニスで起きた武装集団による観光客襲撃テロ事件で、日本政府は19日、これまでに日本人3人の死亡と3人の負傷を確認したと明らかにした。安倍晋三首相は「いずれの理由があってもテロは断じて許されない。国際社会と連携を深めながらテロとの戦いに全力を尽くしていく」と強く非難した。

 中東の観光地で日本人が犠牲となったテロ事件としては、1997年にエジプト南部ルクソールで日本人10人を含む約60人が過激派に殺害された銃撃事件以来。チュニジアのシド首相は「日本人5人を含む外国人17人の死亡が確認された」と発表していたが、加藤勝信官房副長官は19日の記者会見で、チュニジア側から「負傷者数を含んだため」との説明があったことを明らかにした。

 チュニジア政府の発表では、今回の襲撃事件で日本人のほかイタリア人、コロンビア人などが死亡し、外国人40~50人が負傷した。

 チュニジアは中東・北アフリカ地域の中でも比較的治安が安定しており、外国人を標的としたこれほどの規模のテロ事件が起きるのは異例。古代ローマ時代の遺跡で知られる観光立国だけに、事件は大きな打撃となる。

 事件では、多くの観光客が訪れる国立バルドー博物館が狙われ、敷地内にバスが到着したところを襲撃された。犯行声明は出ていないが、治安当局は武装集団について、現場で殺害した2人以外にも3人前後の関係者がいたとみて、情報収集を進めている。カイドセブシ大統領は「テロとの戦いに慈悲はない」と強調し、摘発に全力を挙げる考えを示した。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date1&k=2015031900159

»  書き込む :1


意見・感想・議論

post
  1. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/03/25(水) 19:01:22
    日本人が亡くなると大騒ぎだな
Comment form

トラックバック

Trackback URL