北陸新幹線の長野-金沢間228キロが延伸開業、一番列車の「かがやき500号」が金沢駅から東京駅に向け出発、東京-金沢間が2時間半で結ばれる、1973年の計画から40年を経て


























































































【主報】 (2015/03/14-11:16)
 北陸新幹線の長野-金沢間228キロが延伸開業、一番列車の「かがやき500号」が金沢駅から東京駅に向け出発、東京-金沢間が2時間半で結ばれる、1973年の計画から40年を経て



 北陸新幹線の長野-金沢間が14日、延伸開業した。東京から富山、金沢が2時間半以内で結ばれることになり、地元にとっては計画から40年以上を経ての悲願達成だ。新幹線の延伸は2011年3月の九州新幹線(博多-新八代間)以来4年ぶり。沿線各駅で大規模な歓迎式典が開かれる中、一番列車が走りだした。

 金沢駅では石川県の谷本正憲知事やJR西日本の真鍋精志社長らが参加して記念式典を開き、午前6時すぎ、一番列車の「かがやき500号」が東京に向け出発した。

 富山駅でも富山県の石井隆一知事らが式典を開催。東京駅ではJR東日本の冨田哲郎社長らが金沢行き一番列車「かがやき501号」を見送った。冨田社長は「安全で快適な輸送をお約束する」とあいさつした。

 北陸新幹線は東京から北陸地方を経由して大阪に至るルートとして1973年に計画され、97年10月に高崎-長野間が先行開業。今回新たに228キロが延伸された。これに伴い、長野、新潟、富山、石川4県に七つの新幹線駅が同区間に設けられた。

 東京-金沢間は最短2時間28分、東京-富山間は同2時間8分で結ばれ、在来線などを乗り継いでいた従来のルートより1時間以上短縮される。

 北陸新幹線用の車両は12両編成で、最上級の特別席「グランクラス」(18人分)やグリーン車を含め、定員は934人。最高時速260キロで走行する。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date3&k=2015031400067

【前報】(2015/03/13-14:36)
 北陸新幹線の開業に伴い、「長野新幹線」という呼称が事実上消滅、JRの各駅では案内板の修正作業が進む



 北陸新幹線の長野-金沢間が14日、延伸開業し、一番列車が午前6時台に東京、金沢両駅をそれぞれ出発する。これに伴い、先行開業区間の東京-長野間に付けられた「長野新幹線」という呼び名は事実上消滅。JRの各駅では13日までに案内板の修正作業が進んだが、一部には「長野」の文字が残る見通しだ。

 北陸新幹線は1973年、東京から北陸地方を通って大阪に向かう路線として計画され、97年10月、高崎-長野間が完成した。書類上は「北陸新幹線」だが、首都圏の利用者に分かりやすいよう、当初は「長野行き新幹線」などと呼ばれ、いつしか長野新幹線という呼称が定着した。

 東京駅の案内板は13日までに、「北陸新幹線」という文字の上に「長野新幹線」のシールを貼った仮の表示に修正。14日早朝にシールが剥がされるが、一部は「北陸(長野経由)新幹線」と表記される予定だ。

 長野県内の駅の案内板には、以前から「新幹線」とだけ書かれており、改めて修正はしないが、券売機のボタンが「長野」から「北陸」に変わる。

 14日の開業で、従来は上越新幹線と特急列車を乗り継ぎ約3時間50分かかった東京-金沢間が最短2時間28分に短縮される。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date4&k=2015031300549

【前報】(2015/03/14-11:03)
 石川県知事「県にとって百年に一度の節目」、金沢駅の式典では5000人が詰めかけ、一番列車を見送る



 地元住民らが40年以上待ち続けた新幹線が14日朝、日本海沿いを疾走した。「歴史的瞬間」「友だちに話したい」。一番列車「かがやき」が到着した北陸は、歓喜に沸き立った。

 「県にとって百年に一度の節目」。金沢駅で式典に臨んだ谷本正憲・石川県知事は感慨深い様子で、言葉に力を込めた。ホームには約5000人が詰め掛け、午前6時すぎ、一番列車を見送った。
 未明から改札前に並んだ大学生の武田雄成さん(19)=埼玉県志木市=は「歴史的瞬間に立ち会え、すごくわくわくしている」と興奮気味に話し、一番列車に乗り込んだ。

 「開業日に乗りたくて半年前から予定した」と話した主婦若林恵子さん(70)=金沢市=。友人と東京観光に向かうといい、「これからは東北にも足を伸ばせる」とにっこり。東京ディズニーランドに向かう小学生の出沢奈京さん(12)=石川県白山市=は「友だちにも新幹線のことを話してあげたい」と目を輝かせた。

 金沢駅を出た一番列車は約15分で富山駅に到着。集まった約3000人から歓声が上がった。降りてきた会社員大坪康雄さん(42)=金沢市=は「本当にあっという間」と満足げだった。

 無職日詰和子さん(75)=富山市=は「駅に(午前)4時半に着いた。窓から立山連峰を見るのが楽しみ」と笑顔を見せた。

 石井隆一・富山県知事は富山駅で「半世紀近い県民の悲願」としみじみと語った。

 東京駅からも午前6時15分すぎ、一番列車が金沢に出発。富山に出張するシステムエンジニアの田辺雄一郎さん(32)=神奈川県鎌倉市=は「朝一番の会議でも遅く起きることができる。次は観光で行きたい」と話した。

 金沢駅に到着した福井県勝山市出身の会社員方便一美さん(49)=川崎市=は「これは便利。早く福井まで開業してほしい」と期待した。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date3&k=2015031400129

»  書き込む :1


意見・感想・議論

post
  1. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/03/18(水) 11:22:28
    騒ぎが落ち着いてから金沢旅行行きたいね
Comment form

トラックバック

Trackback URL