土星の衛星「エンケラドドゥス」に生命が存在する可能性、生命の発生に必要とされる3要素「水」「有機物」に加えて新たに「熱」の存在を確認、地球以外では初


0150_dosei_eisei_Saturn_II_Enceladus_seibutsu_seisoku_kanousei_201503_01.jpg

0150_dosei_eisei_Saturn_II_Enceladus_seibutsu_seisoku_kanousei_201503_02.jpg

0150_dosei_eisei_Saturn_II_Enceladus_seibutsu_seisoku_kanousei_201503_03.jpg

0150_dosei_eisei_Saturn_II_Enceladus_seibutsu_seisoku_kanousei_201503_04.jpg

0150_dosei_eisei_Saturn_II_Enceladus_seibutsu_seisoku_kanousei_201503_05.jpg

0150_dosei_eisei_Saturn_II_Enceladus_seibutsu_seisoku_kanousei_201503_06.jpg

0150_dosei_eisei_Saturn_II_Enceladus_seibutsu_seisoku_kanousei_201503_07.jpg

0150_dosei_eisei_Saturn_II_Enceladus_seibutsu_seisoku_kanousei_201503_08.jpg

【主報】 (2015/03/12-6:41)
 土星の衛星「エンケラドドゥス」に生命が存在する可能性、生命の発生に必要とされる3要素「水」「有機物」に加えて新たに「熱」の存在を確認、地球以外では初



 土星の周りを周回するエンケラドスという衛星では、原始的な微生物を育む熱水が存在しているという研究結果を、東京大学などのグループが発表しました。

 この衛星には水と有機物、それに熱という生命に必要な3つの要素がすべてそろっていることになり、研究グループは、現在もこうした環境にあるのが明らかになったのは地球以外ではエンケラドスが初めてだとしています。

 土星の第2の衛星であるエンケラドスは、直径が500キロメートルある氷に覆われた天体で、地下に広大な海が存在し、塩分や二酸化炭素、有機物が含まれた海水が地表の割れ目から噴き出していることが分かっています。

 このエンケラドスについて、東京大学大学院と海洋研究開発機構などの研究グループは、NASA=アメリカ航空宇宙局などの探査機「カッシーニ」から得られたデータを基に環境を詳しく調べました。その結果、地表から噴き出している海水には、主に二酸化ケイ素からなるナノシリカという微粒子が含まれていることが分かったということです。

 このナノシリカという微粒子は、海の底から弱いアルカリ性で摂氏90度以上の海水が出ていないとできないということで、エンケラドスの海底には、原始的な微生物を育む熱水が沸きだしていることが分かったということです。

 これで、エンケラドスには水と有機物、それにエネルギーである熱という生命に必要な3つの要素がすべてそろっていることになり、研究グループは、現在もこうした環境にあるのが明らかになったのは地球以外ではエンケラドスが初めてだとしています。

 研究に当たった東京大学大学院の関根康人准教授は、「地球の海の底には、太陽に依存せず地熱エネルギーに支えられた生命が存在しているが、遠く離れた星にも地球と同じような生命がいる可能性があることを実証できた。今後は生命が本当にいるのか、その形跡があるのか探りたい」と話しています。

 この研究結果は、日本時間の12日に発行されるイギリスの科学雑誌「ネイチャー」に掲載されます。

 土星は、太陽からおよそ14億キロメートル離れた太陽系第6の惑星で、直径は地球の9倍ほどの12万キロメートルと、木星に次いで2番目の大きさです。この土星の周りを周回する衛星は、これまでに60余りが確認されていて、今回研究結果が発表されたエンケラドスのほか、タイタンやレアなどがあります。

 土星に向けては、パイオニアやボイジャーなどこれまでに数機の探査機が打ち上げられ、今回、観測データが使われたカッシーニは、今から18年前の1997年にアメリカのフロリダ州から打ち上げられました。土星の周りを周回する軌道には、打ち上げから7年後の2004年に入り、これまでに、土星の輪が活発に活動していることや、最も大きなタイタンという衛星に川や湖があったことなどを明らかにしてきました。

NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150312/k10010012611000.html

»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL