米マイクロソフト共同創業者の資産家、フィリピン中部シブヤン海の海底(水深1000メートル)で太平洋戦争で撃沈された日本の戦艦「武蔵」の船体を発見したと公表


00135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_01.jpg

00135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_02.jpg

00135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_03.jpg

00135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_04.jpg

00135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_05.jpg

00135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_06.jpg

00135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_b_01.jpg

00135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_b_02.jpg

00135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_b_03.jpg

00135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_b_04.jpg

00135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_b_05.jpg

00135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_b_06.jpg

00135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_b_07.jpg

00135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_b_08.jpg

00135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_b_09.jpg

0135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_c_01.jpg

0135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_c_02.jpg

0135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_c_03.jpg

0135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_c_04.jpg

0135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_c_05.jpg

0135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_c_06.jpg

0135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_c_07.jpg

0135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_c_08.jpg

0135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_c_09.jpg

0135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_c_10.jpg

0135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_c_11.jpg

0135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_c_12.jpg

0135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_c_13.jpg

0135_Paul_Allen_senkan_Musashi_hakken_201503_c_14.jpg

【主報】 (2015/03/03-19:51)
 米マイクロソフト共同創業者の資産家、フィリピン中部シブヤン海の海底(水深1000メートル)で太平洋戦争で撃沈された日本の戦艦「武蔵」の船体を発見したと公表



 【シンガポール=吉村英輝】米マイクロソフトの共同創業者で資産家のポール・アレン氏は3日までに、太平洋戦争で撃沈された戦艦武蔵の船体をフィリピン中部シブヤン海の海底で発見したと、短文投稿サイトのツイッターで明らかにした。水深約1000メートルの海底で同氏の潜水調査機が見つけたという。

 掲載された船首とみられる写真には、「菊(の紋章)と巨大な錨(いかり)」と説明がついているほか、バルブの写真では「開」「主」などの文字が確認できる。艦載機射出機などの映像も公表するとしている。

 海洋安全保障の研究などを行う公益財団法人「水交会」(東京都)は、武蔵の船体発見は「聞いたことがない」とし、関係者による映像の確認が必要とした。武蔵は昭和19年10月24日、シブヤン海で米軍機の攻撃を受け沈没。乗員約2400人中、猪口敏平艦長以下約1000人が死亡した。

産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/150303/wor1503030052-n1.html

【続報】 (2015/03/04-23:08)
 呉市海事歴史科学館館長、公開された映像を確認し「間違いなく大和型の戦艦。武蔵だ」と述べる



 米マイクロソフトの共同創業者で資産家のポール・アレン氏は4日、太平洋戦争で米軍に撃沈された旧日本軍の戦艦武蔵の船体とする映像を自身のウェブサイトで新たに公開した。映像を見た日本の軍艦に詳しい呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)の戸高一成館長は共同通信の取材に対し「間違いなく大和型の戦艦。武蔵だ」と述べた。船体が武蔵である可能性が高まった。

 映像は、武蔵の艦尾にあった艦載機射出機(カタパルト)のほか、主砲の砲塔が据え付けられていた大きな円形の穴の部分、89式高角砲とみられるものなどが収められている。戸高氏は艦首の形状や、いかりの収納の仕方から、周辺海域で沈没した別の艦船ではなく武蔵と断定した。

 アレン氏らは、武蔵の船体探索を8年以上前から計画。海底の地形や潮流などを分析し、沈没地点を絞り込んだ。潜水調査機器を使い、今月に入り、フィリピン中部シブヤン海の水深約千メートル地点で船体を発見した。(共同)

産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/150304/wor1503040042-n1.html

»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL