長野県北部中部で大規模な停電が発生、県全体の約半数の世帯となる38万戸が影響、県内の変電所を結ぶ送電線が停止したことが原因


00134_Nganoken_daikibo_teiden_201503_02.jpg

00134_Nganoken_daikibo_teiden_201503_03.jpg

00134_Nganoken_daikibo_teiden_201503_04.jpg

00134_Nganoken_daikibo_teiden_201503_05.jpg

00134_Nganoken_daikibo_teiden_201503_06.jpg

00134_Nganoken_daikibo_teiden_201503_07.jpg

【主報】 (2015/03/02-10:16)
 長野県北部中部で大規模な停電が発生、県全体の約半数の世帯となる38万戸が影響、県内の変電所を結ぶ送電線が停止したことが原因



 2日午前5時35分ごろ、長野市や松本市など長野県北部、中部を中心に大規模な停電が発生し、県全体の約半数の世帯となる約38万戸が影響を受けた。停電の影響で長野新幹線の一部区間で運転を見合わせた。中部電力が原因を調べている。

 中部電力によると、県内で2つの変電所を結ぶ送電線が停止したことが原因とみられる。別の送電線に切り替え、順次復旧が進んでいる。

 JR東日本によると、始発の午前7時半ごろから東京-軽井沢間の上下線で運転ができなくなった。その後、送電線が復旧し、午前9時40分、運転を再開した。

 遅れは続いており、運休は現在、下り6本と上り9本の計15本にのぼっている。

産経ニュース
http://www.sankei.com/affairs/news/150302/afr1503020010-n1.html

【続報】 (2015/03/02-11:10)
 大規模停電が全面復旧



 中部電力によると、2日早朝、長野県内で発生した大規模停電は、同午前10時6分に全面復旧した。

産経ニュース
http://www.sankei.com/affairs/news/150302/afr1503020017-n1.html

【続報】 (2015/03/02-12:35)
 長野新幹線、軽井沢-長野間で3時間半にわたり運転見合わせ、上下線15本が運休し6000人に影響、公立小中高校6校が休校、県立病院では外来診療を休止



 2日午前5時35分ごろ、長野県内で発生した大規模な停電で、長野新幹線は始発から約3時間半にわたって一部区間で運転を見合わせた。JR東日本によると、長野新幹線の軽井沢-長野間が午前6時3分の始発から上下線で運転を見合わせた。その後送電が復旧し、午前9時40分ごろ運転を再開した。上下15本が運休、約6600人に影響が出た。在来線でも篠ノ井線の松本-篠ノ井間などで運休や遅延が相次いだ。

 長野県警によると、午前5時55分に信号機2415基が作動しなくなり、警察官が発電機や手信号で対応した。また午前10時現在、県内の公立小中高校計6校が休校となり、計16校が短縮授業となった。長野県立須坂病院(須坂市)では、電子カルテが使えなくなったことなどから、2日午前の外来診療を休止した。

 中部電力は、塩尻市と上田市の変電所を結ぶ送電線が何らかの理由で故障し、送電が止まったことが原因とみて調査している。

産経ニュース
http://www.sankei.com/affairs/news/150302/afr1503020021-n1.html

【続報】 (2015/03/02-16:45)
 大規模停電のため2415基の一時信号機が停止、長野市の交差点で車2台が衝突、ほかに4件の物損事故が発生



 長野県警は2日、県内で発生した大規模停電のため信号機が作動しなくなった影響で、長野市の交差点で車2台が衝突し、2人が軽傷を負ったと発表した。ほかに4件の物損事故も起きた。

 県警によると、同日午前9時50分ごろ、長野市川中島町御厨の県道交差点で軽トラックと乗用車が出合い頭に衝突。軽トラックの70代男性と乗用車の50代男性が軽いけがをした。交差点の信号機は作動しておらず、警察官による交通整理もなかった。

 停電のため、県内の信号機は一時2415基が作動しなくなったが、午後0時20分に全て復旧した。

産経ニュース
http://www.sankei.com/affairs/news/150302/afr1503020027-n1.html

【続報】 (2015/03/02-18:21)
 中部電力が大規模停電について陳謝、送電線同士が接触した可能性があると指摘



 長野県内で発生した大規模な停電を受け、中部電力は2日、名古屋市内で記者会見し「大変ご迷惑をお掛けし、申し訳ございません」と陳謝。その上で、送電線同士が接触した可能性があると説明した。

 中部電工務部の早野隆送電グループ長は、詳しい原因の特定には至っていないと強調。長野県塩尻市と上田市の変電所間を結ぶ送電線同士が接触、電圧が異常に高まった可能性があると指摘した。

 異常を検知したために自動的に電力供給が止まったという。

 停電後、ヘリコプターで上空からチェックしたところ、送電線の断線は確認されなかった。

産経ニュース
http://www.sankei.com/affairs/news/150302/afr1503020032-n1.html

»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL