英ウィリアム王子が初来日、羽田空港に到着後、東京オリンピックの会場予定地を視察、27日には日本の皇室と交流、28日からは東北大震災の被災地を訪問


0132_William_Arthur_Philip_Louis_rainichi_201502_02.jpg

0132_William_Arthur_Philip_Louis_rainichi_201502_03.jpg

0132_William_Arthur_Philip_Louis_rainichi_201502_04.jpg

【主報】 (2015/02/26-19:17)
 英ウィリアム王子が初来日、羽田空港に到着後、東京オリンピックの会場予定地を視察、27日には日本の皇室と交流、28日からは東北大震災の被災地を訪問



 英国のウィリアム王子が26日午後、羽田空港に到着、初来日した。この日は東京湾の船上から2020年東京五輪の会場予定地などを視察。4日間の滞在予定で、宮城県石巻市、女川町などを訪れ、東日本大震災の被災者と交流する。

 ウィリアム王子はチャールズ皇太子とダイアナ元妃の長男で、王位継承順位はチャールズ皇太子に次ぐ2位。日本との文化、経済交流を目的に来日した。

 ウィリアム王子は同日午後、東京都の舛添要一知事の案内でチャーター船に乗り、羽田空港から都心の浜離宮恩賜庭園まで移動。海上から選手村の予定地などを視察し、庭園の茶屋で茶道裏千家前家元、千玄室氏から茶の湯のおもてなしを受けた。

 27日は天皇、皇后両陛下が皇居・御所での昼餐(ちゅうさん)に招待され、皇太子さまも東宮御所に招かれる予定。

 28日午後には福島県郡山市に移動し、3月1日に石巻市、女川町を訪問、復興した商店街などを巡る。

 英王室からの来日は平成25年秋のアンドルー王子以来。父のチャールズ皇太子は20年、母のダイアナ元妃は7年に、最後に日本を訪れている。

産経ニュース
http://www.sankei.com/life/news/150226/lif1502260030-n1.html

»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL